四季の道に合流

ゴールデン街脇を通る遊歩道、「四季の道」というと、かつては都電が走っていた。では都電ができる以前はなにがあったかといえば、川があったのだ。
かつて蟹川の支流だった四季の道

最初は小さな川だったものが、合流しながら川は太くなっていったのかもしれない。この先にある新宿文化センターあたりでも合流ポイントはある。それは太宗寺の池を水源とする支流である。

今は「日清食品前」かつては「新田裏」

昭和の終わり頃、僕は若松町の出版社の仕事をしていて、よくバスに乗った。バスが明治通りに出るところのバス停は「新田裏」といった。いつの間にか「日清食品前」に変わってしまったのだが、その「新田裏」という名前こそが、この蟹川がどんな川であったのかを理解するためのキーワードとなる。
「新田裏」
江戸時代、このあたりは田んぼだった

新田裏は地図で見ると明治時代は「字新田裏」という地名だったことがわかる。それが都電の停留湯所の名前となり、都電の廃止後はバス停の名前となっていた。江戸時代、このあたりは田んぼであり、その名残として新田裏というのが地名になったようだ。そして蟹川はといえば、田んぼや畑に水を運ぶ農業用水路だったのだ。


新宿七丁目商和会

蟹川は新宿文化センターあたりで、太宗寺から支流と合流し、北に流れを変える。
新宿七丁目商和会
道は蛇行しながら下っているのがよくわかる。

職安通りを越えたところに新宿七丁目商和会という小さな商店街がある。そこを抜けると住宅街だが、蛇行する道は下っていて、かつて川だったことがよくわかる。

次ページでは