歌舞伎町シネシティ広場

以前の記事「かつての渋谷川(穏田川)を歩く」に続き、今回は歌舞伎町から早稲田方面に流れていた蟹川の痕跡をたどって歩くことにした。
歌舞伎町シネシティ広場
スタート地点の歌舞伎町シネシティ広場

かつてあったコマ劇場の前あった噴水広場は、現在「歌舞伎町シネシティ広場」といそうだ。この場所は江戸時代は長崎藩邸があり、維新後は大村伯爵の邸宅となった。当時の地図を見れば、そこには大きな池がある。この池が蟹川の源流だという。また別の資料には、現在の大久保病院の一角にあった池が源流だとものもあった。たしかに明治時代の地図には大村邸の池とは別に大久保病院あたりに池がある。ただ、僕が見た明治時代の地図は、今の山手線あたりから川が始まっている。

花道通り

歌舞伎町1丁目と2丁目の境を通っているのが花道通りだ。蛇行する細い道はまさに昔は小川だったような雰囲気がある。ちなみに歌舞伎町というのは戦後にできた地名で、歌舞伎町1丁目は角筈、歌舞伎町2丁目は西大久保一丁目だった。
花道通り
かつて蟹川だった花道通り

「キャバクラどうですか?」若いお兄さんが声をかけてきた。手を振り「いやいいですよ」と言うと、「なにかお探しですか?」ときた。先ほどから僕がこの花道通りを往ったり来たりしているからだろうか。そこで、僕は「川を探しているんですよ」と言う。お兄さんはキョトンとした顔。「昔ね、ここに川があったんですよ。蟹川っていう」。僕は花道通りを指差しながらそう説明した。お兄さんは興味津々。そこで、この川がこの先の明治通りを越え、新宿文化センターのあたりから、戸山公園へ向かい、そこから早稲田大学を過ぎ、地下鉄の江戸川橋駅あたりで神田川に合流したということを説明すると、「へえ、この通りが川だったんですか」と何度も言って感心していた。

さあ、次ページで