ニューキャッスルのカライライス

1
これが、大森の辛来飯
この店にきたのは20年ぶりくらいだ。店内に入ると、不思議なムードが漂っているが、それも昔と同じ。壁には手書きのメニューがある。
蒲田(その先)玉子付き 740
大森(大盛)玉子付き 630
大井(多い) 530
品川(その手前)480
と京浜東北線の駅名が順に書かれている。初めて訪問したときはわからず、説明を受けた。今回もまごまごしていると、ご夫婦でやっていらっしゃるのだろうか、奥様より説明を受ける。
ここのメニューは辛来飯(カレーライスのこと)しかなく、書かれているのは量なのだ。
ただ気をつけたいのは、大森(大盛)というのは、実際は少なめである。普通盛りは蒲田である。これも昔と変わっていない。ちょうど僕のあとに入ってきた3人組の若い女性も全員が蒲田を注文していた。
若いころの僕は蒲田でも足らないくらいで、よくそれ以上を注文していた。たしか裏メニューでもっと量の多いヴァージョンがあったはずだ。
とはいえ、もはや年老いてしまった胃袋には大森がちょうどいいくらいだった。
ピリリと辛いここのカレーライスはやはり昔と同じ味。おいしかった。

高架下にコンビニもある

1
高架下にはコンビニもある
さて再び山手線に戻り、新橋方向へ歩く。有楽町駅から新橋駅は、歩いていて本当に楽しい。ところどころに、昔のままではないかと思わせるアーチ橋を見ることができる。そんなレンガ壁の奥にコンビニまである。
また、高架下に通路があり、そこにも理容室などのお店がある。
実はこの高架下に広がる迷路のようなお店には名店が多く、新橋界隈の勤め人にとっては人気である。昼間は閉まっているところも夜は店を開けているため、昼と夜の景色も違っていたりする。


そして新橋駅

1
アーチ部分をうまく生かした新橋駅出口
有楽町から新橋駅駅というのは、時間をかけて歩くこともできる。すなわち、線路の左側、右側が違うからだ。さらに線路の真下にも通路がある。さて、新橋駅が見えてきた。昔に比べれば新橋駅もきれいになった。SL広場で蒸気機関車を見ながら、今回の散歩はここで終了することとした。実はこの先、山手線散歩は困難を極めるのである。

【関連記事】
神田駅から浅草橋駅まで線路の下を歩く - [散歩]All About
【関連サイト】
ニューキャッスル - カレーライス、喫茶店(銀座一丁目) [食べログ]
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。