第4位 上野駅~上野恩賜公園~鶯谷駅

こちらも東京駅と同じようにアクセスがいい。駅の前はすぐに上野のお山がある。春には桜が美しいことで有名な恩賜上野公園だが、紅葉もなかなかのものだ。まずは西郷さんの銅像の前からスタート。
PLUS
上野恩賜公園の銀杏

西郷さんの後には彰義隊の墓がひっそりあり、その周辺には銀杏の樹がある。とくに上野の森美術館周辺の銀杏は、息を飲むほど美しい。風の強い晴れた日は、銀杏の葉が舞い、太陽光線でキラキラ光りながら落ちてくる。

個性のある銀杏の樹

上野恩賜公園の銀杏は並木ではなく、それぞれが独立し、個性があるのがおもしろい。枝振りなども個性的なので、一本一本を鑑賞してみたい。
東京国立博物館の脇を抜け、鶯谷へ出てもいいが、谷中墓地方面に抜け、日暮里方面へ出るコースもたっぷり紅葉が楽しめる。
また、上野動物園方面から根津方面に歩くと、落ち葉が多く、こちらのコースもおもしろい。
いずれのコースであっても、できれば上野恩賜公園内はじっくりまわってほしい。意外なところに意外な紅葉を見つけることができるからだ。

PLUS
個性あふれる銀杏の樹

たとえば、公園内の真ん中あたりにあるこんもりとした丘にはモミジもある。日によってその濃度が変わってくるのもおもしろい。桜もそうだが、紅葉も翌日になるとその様子が変わっている。毎日でも見に行きたくなる紅葉である。

上野駅~上野恩賜公園~鶯谷駅までの約2kmのコース 。



さあ、次ページでは