第3位 市ヶ谷~靖国神社~九段下

紅葉というよりも落ち葉を楽しむコースと言えるのが、市ヶ谷から靖国神社のコースだろう。
PLUS
車の通らない土手の道を往く

市ヶ谷駅から靖国通り方向へ出ると、線路と平行した土手がある。ここは桜並木でも有名な外濠公園である。その桜が葉を落とす頃は、落ち葉が舞い、なかなかの景色となる。色づく葉を見たり、落ち葉を踏み歩こう。
すぐ下には線路があり、その向こうはお堀である。お堀端の紅葉も土手からよく見える。
そのまま進めば飯田橋に出るのだが、このコースも棄てがたい。ずっと落ち葉の土手が続く。
靖国神社へ行くには一口坂あたりから靖国通りに戻ればいい。
靖国通りも紅葉した樹を見ることができる。

靖国神社の銀杏並木

桜の季節もあっという間に終わってしまうが、紅葉の季節も実は同じで、銀杏が色づき始めたなと思っているとあっという間にその葉が落ちて、裸の枝が出てくる。よくしたもので、夏は葉っぱで太陽光線を避け、冬は葉が落ち、日の光が当たるようになってくる。
樹というのは散歩者にやさしい。
PLUS
靖国神社の銀杏並木は壮大だ。右手前に見えいるのは、鳥居の下部分。

ここ靖国神社の銀杏は背が高い。見上げるような銀杏に見事な葉が色づく。ここからさらに北の丸公園へ向かってもいい。武道館方面へ行くとその先に北の丸公園がある。ここも屈指の紅葉スポットである。余裕があればぜひ寄りたい紅葉スポットだ。

市ヶ谷~靖国神社~九段下までの2.2kmのコース 。



さあ、次ページでは