「赤坂 津つ井」のマップ

先日、赤坂通りを歩いていると洋食屋の「津つ井」がなくなっていることに気づいたのはずいぶん前である。「津つ井」というのはあちらこちらにあるが、やはり赤坂「津つ井」へ行きたい。若いころ、乃木坂で働いていて、一度か二度、先輩にビフテキ丼をおごってもらったことがある。昼時は混んでいて、たしか狭い階段をのぼって席をさがしたような思い出がある。決して安価ではなかったと記憶している。
さて、その「津つ井」だが、検索してみたらお店が移転していた。そして、お店のホームページには赤坂の散策マップというのがあるではないか。赤坂 津つ井周辺マップ赤坂周辺を散歩するのにはいい地図である。これを見たら、俄然、赤坂を歩き、津つ井へ行きたくなった。
PLUS
移転した「赤坂 津つ井」

創業者である筒井厚惣氏は銀座スエヒロで修行した後、昭和25年に茅場町新川に店を出した。赤坂に本店を移したのは昭和30年のことだそうだ。

スタート地点は青山一丁目駅

スタート地点は東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営新宿線と3つの線が交差している青山一丁目だ。
PLUS
青山一丁目をスタート!

天気のいい日であった。青山通りと外苑東通りが交差する青山一丁目は車の通行量も多い。

青葉公園の青葉が目にしみる

駅の近くにある青葉公園はその名前の通り青葉であふれている。12月に散歩したときの青葉公園とはまったく違った景色になっている。日本の四季の変化は素晴らしい。
「信濃町から白金高輪まで紅葉する街を歩く」の記事と比較してもらえればよくわかるだろう。
PLUS
冬はさびしかった枝に葉がいっぱい!

外苑東通りを六本木方向に歩き、乃木神社でお参りをして、六本木ミッドタウンをめざすことにした。

さあ、次ページでは