水道橋駅から皇居から赤坂へ

都心の真ん中、こんな場所に竹林。そして芽を出す竹の子!
かつて、皇居の周辺は何度も散歩しているのだが、皇居東御苑に入ることはなかった。たまたまタイミングが悪く、いつも門が閉ざされていた。とにかくこれまで縁がなかった皇居東御苑を散歩してみることにした。

かつての江戸城は大きく北と西と東の3つの部分に分かれている。北は現在の北の丸公園、西は、西の丸(現在の皇居)、西の丸下(皇居外苑)、吹上(皇居吹上御苑)、そして東は本丸、二の丸、三の丸、天守台などがあった東御苑である。現在の東御苑には江戸城のなごりもあれば、武蔵野の面影を残す林などがある。見所満載の散歩コースである。

というわけで、今回の散歩はJR水道橋駅から始まり、南へ進み、東御苑を散歩する。以前、川越散歩では、案内をしてくれた東山さんがこの散歩に参加してくれた。水道橋駅に午前11時集合。駅のホームに案内板があった。水道橋というのは、神田川に架かる橋の名前で、神田上水の「万年樋(とい)」を眺められることから水道橋の名前がついたそうだ。駅周辺の散歩コースなども紹介されているので、この看板を見てから歩くのもいいだろう。

まずは腹ごしらえにライスカレー

「まんてん」の裏メニューである「全部のせ」。ものすごい迫力だ!
水道橋駅から、白山通りを神保町方面に向かって歩く。すると「ライスカレー まんてん」という看板がある。矢印の方向へ道を入っていくと、カウンターだけのお店がある。ここは、「カレーライス」ではなく、「ライスカレー」である。僕がまだ子供だった昭和40年ころは、ライスカレーと言う大人が多かった。もともと、日本にカレーが入ってきたのは、洋食としてであり、最初のころはライスカレーという呼び名だったようだ。その後、軍隊でカレーを出すようになる。陸軍では「ライスカレー」、海軍では「カレーライス」と呼んでいた。

というわけで、「ライスカレー まんてん」である。昼前だというのにほぼ満席。事前調査によれば、ここはカツカレーがおいしいそうだ。カレールウを一度ご飯にかけ、カツをのせて、さらにルウをかけてくれる。挽肉のカレーで、クセのないかんじなのだが、食べ終わるとまた食べたくなるようなカレーである。僕はカツカレー550円を注文。東山さんはここの裏メニューである「全部のせ」にチャレンジ。カツ、コロッケ、シューマイ、ウィンナソーセージなどが乗っている。ものすごい迫力だ!
さて、お腹もいっぱいになったところで、さらに白山通りをまっすぐ進む。

■ライスカレー まんてん
電話:03-3291-3274
住所:東京都千代田区神田神保町1-54
最寄駅:神保町 水道橋
営業時間:11:00~20:00(土は~16:00)
定休日:日祝日