国際試合のストライクゾーン対策はしていたか?

2つ目は、ストライクゾーンを投手も打者も最後までつかみきれなかったこと。これが致命的だった。五輪のような国際試合での審判は、メジャーリーグの審判ではないし、もちろんWBC(ワールドベースボール・クラシック)の審判とも違う。外角のストライクゾーンが広くて甘いのではなく、内、外角を均等に取る傾向にある。日本のプロ野球の審判も基本的にはそうだったが、メジャーへの流出が盛んになった近年、外角がやや甘くなってきた。日本選手はそのストライクゾーンで戦ってしまった。

その結果、投手は外角低めの「いいコース」に決まったにも関わらず「ボール」とジャッジされ、リズムを崩していった。打者は自信を持って見逃したタマが「ストライク」とコールされ、タイミングを狂わされていった。国際試合の大舞台ですぐの修正はなかなか効かない。優勝した韓国のように国際試合のストライクゾーンをあらかじめ頭と体に叩き込んで臨まないと対応は難しいのだ。