熱戦が続く夏の甲子園。母校チームの応援にも熱が入る。そんな応援に欠かせないのがブラスバンドの演奏曲だ。古典から最近のものまで、応援曲を集めてみた。

1 アニメ主題歌


熱戦が続く夏の甲子園。母校チームの応援にも熱が入る。そんな応援に欠かせないのがブラスバンドの演奏曲だ
アニメの主題歌・テーマソングは、「皆が知っている」「長くオンエアされている」「ノリがいい」などの理由で、高校野球の応援曲としては筆頭格と言えるだろう。日本の祭り歌と同様、陽旋律だけではなく、むしろ陰旋律の勇ましい曲も好まれている。

●ルパン三世---「真っ赤なバラは~」。かなり定番。
●宇宙戦艦ヤマト---マーチとしてこれも定番。
●科学忍者隊ガッチャマン---ヤマトと同様、陰旋律のマーチ。
●ポパイ---おなじみ「ポパイ・ザ・セーラーマン」。明るい曲調で、かなり古くから演奏されている。
●ひみつのアッコちゃん---「アッコちゃん~アッコちゃん~好き好き~」あたりのノリがいい。
●鉄腕アトム---ヤクルト・アトムズ時代からの古典。
●キューティーハニー---何度もリメイクされているが、割と古典。
●ふたりはプリキュア---新しめ。冒頭部分が吹奏楽器に適している。
●タッチ---原作が野球漫画という点もあって、各地で採用されている。
●サザエさん---とぼけた感じがするが、案外使われている。
●となりのトトロ---ノリがあまり良くないので、減少傾向か。
●Drスランプアラレちゃん---「来たぞ来たぞ~」のフレーズから、チャンステーマの場合も。

2 新旧のヒットソング


下記以外にもたくさんあるが、著作権の絡みからか、新しいものは比較的敬遠されがちな印象だ。ノリのよさ、ブラバンの吹きやすさ、太鼓の「ドン、ドン、ドンドンドン」というリズムにフィットするもの、フレーズの最後に「かっ飛ばせ~、○○!」と入れやすい曲などが好まれる傾向だ。

●狙いうち(山本リンダ)---歌詞の連想から、大定番とも言える古典。
●We Will Rock You(クイーン) ---勇ましさでは群を抜くが、ブラバンだと迫力が落ちる。
●どか~ん(真心ブラザーズ)---ニュースのプロ野球コーナーで採用されたことから。
●夏祭り(ジッタリン・ジン)---2拍子スカっぽいノリの良さで定番化。
●マツケンサンバ(松平健)---解説不要だが、定番化はしないかも。
●サンバ・デ・ジャネイロ---ノリのいいラテンでブラバンの見せどころ。
●トレイン・トレイン(ザ・ブルーハーツ)
●Runner(爆風スランプ)
●ガラガラ蛇がやってくる(とんねるず)