【Aゾーン】

◎日大三 ○高知 △熊本工
※トーナメント表内の数字は大会日。

高知(高知)   ━━━┓
           5┣━┓
日大三(西東京) ━━━┛ ┃
            10┃
熊本工(熊本)  ━━━┓ ┃
           6┣━┛
前橋商(群馬)  ━━━┛

<各校評価>
A=日大三
B=高知、熊本工
C=前橋商
D=なし

<展望予想>
西東京大会を危なげなく勝ち上がった日大三、近年は強豪校とすぐに当たる巡り合わせ。今夏も明徳義塾→高知と、やはり強豪対決。高知は明徳義塾に劣らないパワーがあるが、大会後のブランクを跳ね返せるか。2年連続出場の熊本工は投手二枚看板、対する19年ぶりの前橋商は安定した打撃力の対決。

【Bゾーン】

○福井商 △駒大苫小牧
※トーナメント表内の数字は大会日。

駒大苫小牧(南北海道)━┓
           6┣━┓
聖心ウルスラ(宮崎)━━┛ ┃
            10┃
福井商(福井)  ━━━┓ ┃
           6┣━┛
日本航空(山梨) ━━━┛

<各校評価>
A=なし
B=駒大苫小牧、福井商
C=聖心ウルスラ、日本航空
D=なし

<展望予想>
昨夏のような駒苫旋風が吹き荒れなければ、どのチームにもベスト8のチャンスあり。駒大苫小牧は投手3人に堅守。聖心ウルスラはノーシードからの勝ち上がりで粘り強い。春センバツ出場の福井商は、左右の好投手を揃える。日本航空もノーシードから強豪に打ち勝ってきた。

【次ページに続く→】