稲本潤一選手

「まあそんなに気負わずにやりたい。楽しんでプレーしたい。4バックを統率するのがツネさん(宮本)からマコさん(田中)に代わるが、誰がやってもやることは一緒。今日はラインを上げていこうという話をした。前の試合で下がってしまった反省もあるから、今回はしっかりやりたい。

(サイドが引っ張り出される可能性があるのでは?の質問に)僕が上がるのを少なくして、駒野や浩二のスペースを消したり、マコさんのカバーも心がけたい。今日も駒野を生かしたり、ヒデさんや松井を生かす場面があったし。ポジション争いは激しいから、出られる時にどれだけやれるかだと思う。(チームで試合に出られていないが?の質問に)確かにそうだけど、リザーブリーグの試合ではいいコンディションを維持しているし、練習でも悪くない。こっちでいいプレーをすれば、チームにいい情報が入るかもしれないし。頑張りたい」

松井大輔選手

「(先発ですか?の質問に)どうなるか分からないけど、出れれば得点に絡みたい。ヒデさんが上がったら僕が下がらないといけない。ボランチがつねに2枚いるように心がけないと。稲本さんが1人になっちゃうから。その状況は避けないといけない。自分はボールを取るのは好きだし、守るのも嫌いじゃない。守備は大切。もしピンチに陥ったら、早めにファウルをして止めればいい。時間を稼ぎたい。

(周囲との連携は?の質問に)稲本さんもパスを出せるし、走ればボールが来る。すごくやりやすい。自分はボールをもらったらチャンスを作ればいいだけ。あまり時間はないけど、ゲームの中で話し合っていければいい。俊さんと話していたのは、ヒデさんが上がったら自分が下がるという話。やっているうちに問題も出てくるかもしれないけど、柔軟にやらないといけない。ルマンでやってる左サイドは守らなくていいけど、今回は守備の意識も高めないといけない。今日のゲームではずっと前に行っていた。本番ではペース配分も考えないと」

高原直泰選手

「守備の時はどこでボールを狙っているのか理解していないと、最後のところで詰めが遅くなったりしてしまう。そしたら何の意味もない。チーム全体で意思統一していかないといけない。前線のコンビは徐々によくなっている。コンビで崩せるところもあれば、個人で突破できるところもあるから、臨機応変にやりたい。4-4-2はサイドを使わなきゃ意味がない。どうやってサイドを使っていくのかは1つのテーマ。

FWとして時間を作れるようにしたい。個人で突破できるチャンスがあればどんどんやって、攻撃面を積極的にやっていければいい。つねにゴールすることがFWである限り必要。後は攻撃の起点になったり、そういうプレーを出していきたい。今回はチームの形を作る過程。いい成果を上げられるようにしたい」

中村俊輔選手

「(中盤の関係は?の質問に)誰かが2人上がったら、誰かが2人残るというのが基本。代表はみんな攻撃が好きだし、前に行きたがる。だけどイナしか戻らない状況になるのは問題。中盤で取られた時、イナ1人じゃきつい。自分が前にいる時は松井が絞ってイナが相手を見るとか、ダイヤモンドだからこそ守備のバランスが難しい。

今までは2枚、2枚と並んでいることが多かったから。利点はパスをする時の角度がみんな違うこと。それはいいけど、やっぱりあまり流動的に動くと2対1を作られたりする。右サイドが中に入って取られたりすると、相手についていけなくなる。明日は多少確認しながらやっていかないといけない」

中田浩二選手

「今日はサブ組の選手が足りないこともあって前に行けたけど、試合でもスペースがあったら上がるようにしたい。昨日からいろいろと話し合っていたので、落ち着いて試合に入ることができた。チームとしては、とにかく後ろに3枚残るようにすることが大事。駒野が上がったら自分が残って逆の場合も同じ。松井は攻撃ではドリブルでつっかけたりいいものを持っている。それを生かしながらディフェンスの時は指示を出していきたい。

(レギュラー争いに関しては?の質問に)ポジションを取れるんだったらここでもいいと思う。いろいろなところで選択肢があるのは、僕はいいことだと思っている」

(取材・文/元川悦子)

●前日練習の模様
●ジーコ監督コメント

------------------------

<日本代表東欧遠征 現地レポートバックナンバー>

・10月6日(木)ラトビア戦前々日練習

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。