この時期、Jリーガーのもう1つの戦い

優勝、残留、降格争いが激しくなるこの時期だが、目に見えないところで別の「戦い」も行われている…。それは来季の契約。11月末、クラブが来季の契約を結ぶかどうか?Jリーガーに提示が行われるのだ。

Jリーグにはキャリアサポートセンター(以下CSC)という部署があり、重野さんはそのスタッフである。自身も元Jリーガー。セレッソ大阪の後、富士通川崎(元川崎フロンターレ)でプレーした。その重野さんからキャリアサポートセンターについてお話をうかがった。

選手は1年でも長くプレーすることを願うが、プロの世界は厳しい。下記のグラフは2002年度で契約が更改されなかった選手の年齢構成だ(資料提供:Jリーグ キャリアサポートセンター)。19~24歳が多いことに気づくだろう。つまり高校、大学を卒業してクラブへ入ってから3年程度で、早くも人生の岐路に立たされる選手が出てくるのだ。普通ならばまだ、社会人になるかどうかの年齢だ。



●引退後のセカンドキャリアへ続く