高校サッカーは正月だけじゃありません

年末には全国高校サッカー選手権大会が開催されるが、もう一つ重要な大会がJユースサハラカップ
冬の風物詩の1つである全国高校サッカー選手権大会は正月を挟んで首都圏で行われる。今回はセクシーフットボールで一躍全国の頂点に上り詰めた野洲高校(滋賀)の2連覇や、高円宮杯を制した滝川第二(兵庫)といった高校に注目が集まる。選手ではU-21日本代表に選ばれた乾貴士(野洲)や、アーセナル(イングランド)のベンゲル監督から獲得の要望があったといわれている伊藤翔(中京大中京)など、将来の日本を背負うと期待される選手が揃っている。

一方、実力ではこの選手権に匹敵するほどの大会が年末に行われている。それがJユースサハラカップ2006第14回Jリーグユース選手権大会である。J1とザスパ草津以外のJ2の合計30チームが参加し、7つのグループに分かれて7月から11月までの5ヶ月に渡ってホーム&アウェイでのリーグ戦を行う。そして、このリーグ戦を通過した14チームに、日本クラブユースサッカー連盟代表の4チームを加えた合計18チームによるトーナメント戦が11月25日から全国各地で行われてきた。