水族館がにわかに人気スポットのようです。ファミリーで行ってよし、デートで行ってよしの誰でも気軽に行けるアミューズメントプレイス。

そこで今回は、水族館での写真撮影のポイントをご紹介します。特に難しいカメラの知識がなくても知ってるだけで応用できる水族館での写真撮影術です。

フラッシュは使わないで撮影する


水族館での写真撮影方法
室内の水槽に向けてフラッシュを光らすと反射して写ります。水槽内はフラッシュを使ってもあまりうまく撮れません

水族館での写真撮影方法
フラッシュを使わなければ自然雰囲気の写真が撮れます。ただ、手ぶれに注意が必要

水族館や動物園など室内で生き物を展示しているところでは、基本としてフラッシュ撮影は使用しません。理由は大きく二つあります。ひとつは、生き物を驚かせてしまうから。たいていの水族館や動物園では「フラッシュ撮影はご遠慮ください」と注意書きがされていると思います。

そして、もうひとつは、水槽にフラッシュ光が反射してしまい、きれいに撮れないという理由からです。水槽に向けてフラッシュを浴びせて撮影しても水槽の手前にいる人物は明るくしますが、水槽の中の魚などを撮るにはさほど効果がありません。水槽に光が反射をしてしまうからです。

それ以外の理由として、他に鑑賞している方たちへの迷惑にもなるということも挙げられます。

水族館内で水槽内を撮影するときには、フラッシュ設定を「発光しない」に合わせてから撮影します。

暗いところでフラッシュを使わないで撮影するとシャッタースピードが遅くなるために手ぶれを起こしやすくなります。撮影するときは、しっかりカメラを固定してできるだけぶれることがないように気をつけるようにするといいでしょう。

壁や取っ手など台の上にカメラを固定して撮影するという方法も手ぶれを防ぐのに効果があります。どこにも台などがない場合は、一緒にいる人の肩の上にカメラを置いて撮るだけでも手ぶれは軽減されます。手ぶれについて詳しくは、「手ぶれを起こさないで撮影する方法」を参考にしてみてください。

フラッシュを使わないで撮った写真は、自然な感じの仕上がりになります。

次のページでは、魚の動きに合わせて撮るテクニックをご紹介しましょう!>>