ポイント2 ピント合わせの位置で見え方が変わる


たんぽぽ
たんぽぽの綿毛を撮ったもの。ピントが一番手前の綿毛に合っていて全体がぼやけた感じに見えます


たんぽぽ
同じショットで今度は、ピントを輪郭部分に合わせてみたもの。全体がくっきり見えるように写りました。クローズアップ撮影ではピントの合わせ方で見え方も大きく変化します

クローズアップ撮影をするときには、ピントの合う位置によって写真の見え方が大きく変わります

オートフォーカスでピントを合わせているときは、なかなか思い通りにピントの合わせたいところに焦点が定まらない場合もあるでしょう。

そんなときは、少し角度を変えるなどして合わせたい箇所をフレームの中央に置いてからやるとピントが合いやすいです。ピントが合ったらそのままフォーカスロックをすれば、構図も自由に変更できます。

たんぽぽ
たんぽぽの花弁にピントを合わせて撮影。どこの部分にピントを合わせるか決めてから撮影するようにするといいでしょう

クローズアップの撮影では、ピント合わせの位置はとても重要なのでじっくり取り組んでみてください。

次のページでは、ボケを利用しての効果的な撮影方法についてです!