暮れも近くなると木々の葉も色づいてきます。紅葉は、真冬到来前に目を楽しませてくれる季節の贈り物といってもいいでしょう。

紅葉は、写真に撮るのにも絶好の被写体。きっと手元にカメラがあれば撮りたくなるのではないでしょうか。

紅葉の撮り方のワンポイントと、首都圏での紅葉スポットをご紹介しましょう。

紅葉撮りは色の明るさがポイント


露出補正プラス1.0
紅葉を露出補正プラス1.0に設定して撮影。


露出補正マイナス1.0
紅葉を露出補正マイナス1.0に設定して撮影。プラスのときと色の明るさの違いを比較してご覧下さい。


紅葉を撮る時には、紅葉の色が一番ポイントの部分になります。実際に目にしている紅葉の色と液晶画面に映った色とが違う場合も多々あることだと思います。

そんな色の明るさを調整するのに便利な機能がカメラについています。それは露出補正機能。プラスに設定することで明るくなり、マイナスにすることで暗く写すことができます。

紅葉の赤味を強調したいときは、マイナス側に設定するとよいでしょう。

露出補正機能を使っての紅葉を撮影を解説したものでは、『紅葉のカラーコントロールは、露出補正』に詳しく書いてあります。こちらも併せてぜひお読みください。

サンプルの写真をご覧になってもお分かりのように露出補正のよってまったく明るさが変わり、紅葉のイメージを変えて撮影することが出来ます。。

現行のデジカメでは、三分の一ずつ調整できる露出補正を持つ機種がほとんどなので、細かく微調整しながら自分の表現したい紅葉をじっくり撮ってみてください。


次のページからは、紅葉と銀杏の絶好スポット地を紹介をしていきましょう!まずは紅葉のきれいなスポットからです!