フラッシュを補助光として使いましょう


フラッシュあり
前頁の写真と同じ状況で、フラッシュを入れて撮影。夕日とともに人物もきれいに浮かび上がって写りました。

前のページ見てもらった写真のように、夕日がきれいに写っていて人物が影になっている場合、フラッシュの光を補助光として人物に当てると人物が明るく写ります。

夕日が写っているシーンに明るく撮れた人物を組み合わされば、きれいな一枚になります。

撮り方としては、夕日を撮っているときのオート設定モードにフラッシュを光らさせるようにします。コンパクトカメラやフラッシュ内臓タイプの一眼レフの場合は、「フラッシュ強制発光モード」に設定してください。

まずこの設定でフラッシュを使って夕日と人物を撮ってみてください。

フラッシュは一段落としが目安

このように夕日や太陽の光がある場所でフラッシュを補助光として撮影する方法を日中シンクロと呼びます。太陽光とフラッシュの光をシンクロ(同調)させることからこのように言われています。

日中シンクロで撮影する場合、外がすでに明るいですから、暗い場面で撮影する場合と同じ光量を飛ばすと人物が明るくなりすぎて露出オーバー気味で写る場合があります。

フラッシュの光量を減らして撮影するとちょうどいい光のバランスになります。

外付けフラッシュであれば、簡単に光量は調節できます。コンパクトカメラなどの内臓カメラでの光量調整は出来るものと出来ないものがあるようです。お持ちの機種をご確認ください。

ここからはビギナーの方には、少し難しい説明かもしれませんが、必要であれば参考にしてみてください。

日中シンクロで撮るときは、絞り優先モードで撮影した場合、絞り値の一段落とした数値でフラッシュの光量を目安としてみましょう。

「一段落とす」とは、F5.6の絞り優先モードで撮影している場合なら、フラッシュはF4で設定するということ。絞り値の数値よりひとつ少ないフラッシュの数値にすればOKです。

状況にもよるので、一段落としよりも光量の設定が必要な場合はあります。液晶画面で画像をチェックしながら調整してみてください。

また、今のコンパクトカメラなどでは、「夕日と人物を撮るモード」などが搭載されているものもあります。それできれいに撮れるのであれば、利用してください。モードを使っての撮影でもここで解説しているのと同じ理由で夕日と人物がきれいに撮れています。


次のページでは、構図のとり方やさらに夕日と人物を撮ったサンプル写真をご覧ください!