年賀状で思いをぶちまけたっていいじゃないか!

写真に広いスペースがあるなら、そこに思い切って、メッセージをぶちまけるというのもインパクトがあります。受ける相手にとっても印象に残る年賀状になり、後日会ったときにも話題のタネになるかもしれません。

フィッシュアイレンズを使って撮った、広く空が写っている写真を使ってこんなメッセージを入れてみました。ある意味、宣言っぽかったりもしますが、赤い文字で入れているところが、また強い印象を与えていますね。ここでいろんなメッセージなりを入れてみると、かなり印象付けることが出来ることでしょう。

年頭にあたって声高らかに、新年の抱負や思いをぶちまけてみてもいいかもしれません。いい年明けのスタートが切れるかも!?

メッセージ年賀状
広くスペースのある空の部分を使い、メッセージや抱負などを大きく書いた年賀状。色も派手なものをチョイスしてみました。(ちょっと目が痛い色使いですが)インパクトは大きいです。


干支になりきってみるのもおもしろい

十二支の動物になりきって写真を撮って年賀状に使ってみるという作例をご紹介しましょう。翌年の着ぐるみなどを着て干支になりきってポーズを取った写真。そこに一言新年のご挨拶をのせれば、ほらこんな素敵な年賀状が作れます。

仲間を集めて着ぐるみで撮影会を行えば年末の楽しいイベントにもなりますし、年賀状を受け取る側も今年はどんな着ぐるみの写真で届くかときっと楽しみにもしてくれそう。せっかく年賀状を作るなら周りの友達も誘って盛り上がる手段にしてしまうというのはいかがでしょうか。

年賀状

干支の着ぐるみを着て東京タワーの前で大きくポーズ。来年も飛躍しそうな写真が撮れれば最高。年賀状作りもイベントにしてしまうのも方法です。



みなさんも今まで撮られた写真からセレクトしたり、これから年賀状用に撮影などして、自分らしい一枚を作り上げてみてはいかがですか。

写真・テキスト 瀬川陣市
Photo&Text(c) Jinichi Segawa - All Rights Reserved.
記事・画像の無断使用・転載は、ご遠慮くださるようお願いします。

■こちらの関連記事もぜひどうぞ!

■関連リンク集



■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。