クリスマスに近くなると街のあちらこちらでイルミネーションがきれいに輝き始めます。足を止めて、ケータイカメラで撮影する人たちも多く見受けられるようになりました。

デジタルカメラを持っている方は、せっかくならきれいにイルミネーションを撮ってみたいと今から意気込んでいるかもしれませんね。そんなあなたにお送りする、イルミネーション撮影のレクチャーです。

イルミネーションを楽しみながら、撮影してみましょう!

イルミネーション
光の演出、イルミネーション。見ていて感動を覚えるものも少なくないです。感じたイメージに近くなるように撮影してみましょう。


【各ページのポイント】
必要な機材など ・・P1
幻想的に撮るには ・・P2
中途半端な構図は× ・・P3
ゴージャスに撮る方法はコレ ・・P4
多彩な見せ方のアプローチ法 ・・P5



三脚があるとシャープな写真が撮れます

まず、イルミネーション撮影に用意すると便利なものからみていきましょう。カメラは、一眼レフ、コンパクトカメラのどちらでも構いません。カメラ以外での用意するものをいくつか挙げてみます。

  • 三脚

イルミネーションを撮る時は、どうしてもシャッタースピードが遅くなりがちなので、三脚に設置して撮影したほうがピントの合ったシャープな写真が撮れます。ブレのない写真を撮りたいならぜひ用意してください。

  • レリーズシャッター

これは、一眼レフカメラにつけることができるものですが、ワイヤー式になっているシャッターボタンのことです。三脚を使うときには、シャッターを押す時にカメラがぶれないよう、レリーズシャッターを使って切るといいでしょう。リモコンがついている機種ならそれで代用も出来ます。絶対にないと撮れないわけではないのですが、あれば便利です。

  • 予備のバッテリー

冬の野外での撮影だと、かなり気温も寒くなります。カメラのバッテリーの消耗は、気温にとても影響されます。寒いところでは、常温の場所で使うより、数段早くバッテリーが消耗されていきますので、予備のバッテリーを用意されたほうがいいでしょう。また、撮影前には、バッテリーの充電もお忘れなく。

イルミネーションも近寄ればかなり明るいので手持ちでも撮影できますが、いろんな情景を撮るのであれば、これらのものを用意されるとよりスムースな撮影が出来ると思いますのでご参考に。


幻想的なイメージ撮影の方法をレクチャー、次のページで!