カーリーテール系

26番
カーリーテール系のソフトルアーはフォール&リトリーブでもよし、底を丹念に探るもよしの万能選手。タックルボックスには欠かせないルアーだ
ブラックバス釣りでよく使われるグラブとほぼ同じフォルムを持つルアー。これも小魚からエビ類までベイトのほとんどをカバーする万能選手だ。ルアーをリトリーブしたときの動きはテールがピロピロと生き物のように動く。テールの動きとボディーのボリューム感が大切なルアーで、テトラの間のような狭い場所に落としても、フォール時にはテールが激しく動き、底に着くとヒラヒラと怪しく誘ってくれるので、ジッとさせておいても勝手に釣れてくれることさえある。

逆にアピールしすぎるテール部が弱点になることもある。フグやベラなど歯が鋭い魚によってすぐにちぎられてしまうから注意が必要だ。もちろんそんなときはすぐにルアーを交換してほしい。

こちらもカラーバリエーションはストローテールとほぼ同じ。ただし、テトラの隙間など、横の動きが少ない場所で使うときにはラメ入りのものを選ぶとよりアピール力を高めることができるので、いくつか用意しておきたい。

そのほかのソフトルアー

26番
軽量ラバージグもライトゲームで効果的なルアーだ。これはガイドがいつもお世話になっているプロショップ吉見屋のオリジナルルアー
ここで紹介した代表的なソフトルアー3種類があれば、ほぼすべてのシチュエーションをこなせるが、このほかにもカサゴやアイナメのような根魚に効くクロウ系や、小エビにそっくりなシュリンプ系など様々なタイプがある。とりあえず、ここで紹介した3種類を中心に、使いこなす自信がついてから徐々に集めて、バリエーションを多くする方法がオススメだ。

また、よりアピール力を高めたい場合は、ラバージグを使うこともある。ブラックバスフィッシングで使うラバージグは底を攻めるときに使われることが多いが、こちらはフレアしたスカートの揺らめきを利用して、フォール中にバイトさせるのがメイン。使い方が違うので、1gや3gといった軽量ヘッドで小型のラバージグをいくつか用意しておこう。

ライトゲームで使うハードルアー

26番
こちらは上がミノーで下がシンキングペンシルになる。手返しがよい軽快なゲームにはなくてはならない存在だ
26番
管理釣り場のトラウト用ルアーもライトゲームに流用できる。使い方がやや異なるので、今後の記事で詳しく解説してゆこう
26番
軽量メタルジグもライトゲームの必需品。まずは基本をおさえ、必要なものが出てきてからゆっくり揃えてゆこう
ソフトルアーがメインとはいえ、やはりルアー釣りで楽しいのはハードルアーで釣ったときだろう。ミノーやポッパー、シャッドなど、ライトゲームでもひととおりのハードルアーはぜひ揃えたいところ。とはいえ、最初から全部集めるのは大変なので、とりあえず5cm程度のミノーから試してみてはいかがだろう? ソフトルアーよりも早いゲームができるので、テンポ良く攻めたいときにもハードルアーはオススメ。大物もかかりやすいのでスリリングで楽しいのでぜひ試してほしい。

小型ミノーは管理釣り場のトラウト用と同じで構わないが、淡水用に作られている製品は錆が早いので釣行のあとは必ず真水でよく塩分を洗い流す必要がある。また、同じく管理釣り場のトラウト用のスプーンも爆発することがよくあるルアーのひとつ。こちらはどちらかといえば、フォールでアピールさせる釣り方が多くなるが、いくつか用意しておくと面白いだろう。

このほかにも、様々なルアーが使えるが、とりあえず基本的なソフトルアーとジグヘッドの組み合わせをメインに、ハードルアーを何種類が用意しておけばオッケー。資金的にもかなりリーズナブルなはずなので、カラーバリエーションを豊富に揃えておくとよいだろう。

次回は仕掛けの作り方を解説します。お楽しみに!

ガイドメルマガは、本編で書けないぶっちゃけ釣り情報満載!ぜひご購読を!

<関連記事>
スリリングな海釣りライトゲームに挑戦!
ライトゲームのタックル-その1-

<関連リンク>
Salty! 全国釣り場情報
Salty! まめ辞典
Salty! ルアーショップ情報
e-angle -釣り専門用語解説-
ナチュラム フィッシング特集
ナチュラム blog@naturum

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。