フラワーアレンジに役立つ!花の大事典シリーズVol.66です。今回は、「ワレモコウ」です。


**ワレモコウの花言葉は「愛慕」**

コロンと可愛いお団子
学名Sanguisorba officinalis
分類バラ科ワレモコウ属
原産地アジアからヨーロッパ
別名地楡(ジユ)・吾亦紅(ワレモコウ)・割木瓜(ワレモコウ)・吾木香(ワレモコウ)・バーネットブラッドワート
開花時期夏~秋
花言葉変化、感謝、物思い、愛慕、移ろいゆく日々etc


**ワレモコウ**



秋になるとアレンジによく登場する「ワレモコウ」。ヒョロッとした茎の先にコロンと小さなお団子が・・・。チラッと見ると小さなタワシのようにも見えますね。
このタワシのようなものが花穂で、お花が咲き終わってもそのガクはそのまま残っているのでドライフラワーとしても楽しめる花材です。

ワレモコウは薬草としても知られており、その根にタンニンが含まれているそうで、乾燥させたものが止血剤となるそうです。

小さいお花ですが、秋のアレンジにはすばらしい脇役を発揮してくれる、優れた花材ですので、上手にアレンジに取入れたいですね。

**ワレモコウの参考サイト**


  • 吾木香(ワレモコウ) [from 季節の花 300 -]
  • ワレモコウ(吾亦紅) [from 植物園へようこそ]
  • ワレモコウ [from イー薬草.ドット.コム-]



  • ■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
    ※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

    経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
    経験談の応募はこちらから!

    【経験談例】
    第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

    40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

    W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。