フラワーアレンジに役立つ!花の大事典シリーズVol.43です。今回は、やわらかい質感がたまらない花「フランネルフラワー」です。

**フランネルフラワーの花言葉は「高潔」・・・**

やわらかそう・・・
学名Actinotus helianthi
分類セリ科アクティノツス属
原産地オーストラリア
別名 
開花時期
花言葉高潔・誠実etc


**とりこになる「フランネルフラワー」**


オーストラリアが原産地のフランネルフラワー。まだまだ国内での生産は難しいお花だそうで、なかなかお目にかかれない希少なお花です。せり科の花で正式名は「Actinotus helianthi(アクチノタス・ヘリアンセ)」というそうです。色は薄いグリーンの入ったオフホワイトで、花も葉も細かい毛で覆われています。見ているだけでその柔らかな質感が感じとることができます。

フランネルとは、布面をやや毛羽立たせた柔らかな毛織物のことをいい、まさにその手触りですが、この花びらに見えるところは、「ガク」なんですよ。お花はその中心の丸い部分に小さい花が密集しています。こんなにかわいいお花なのに茎が傷みやすいので、こまめに水変えをしないといけません。毎日見ていたいお花なので、その点は大丈夫だと思いますが、それでも花もちは1週間ぐらいです。

もっと長く楽しみたい方に・・・。このフランネルフラワーは、ドライフラワーや押し花としてもたのしめます。ユーカリとフランネルフラワーのリースも素敵ですね。どちらの花材もフレッシュフラワーからリースにしてそのままドライへと楽しめる香りのリースです。素敵な花生活を楽しんでくださいね。

**フランネルフラワーの参考サイト**


  • フランネルフラワー [from 四季の花-]
  • フランネルフラワー [from 葉っぱの岬-]

  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。