**「簡単!可愛い!オータムカラーのリース」のつくり方**



  1. サンキライのツルを丸めてリースを作る。

    サンキライのリース


  2. ドライの花材をそれぞれ#24のワイヤーでツイスティングメソッドをし、テーピングしておく。

    ワイヤー処理


  3. 花材を3本から5本ぐらいで花束にし、テーピングでひとまとめにする。リースの大きさを考えて数や大きさを決める。

    ミニブーケ処理


  4. サンキライのリースにミニ花束を付けていく。ワイヤーの茎をリース台に絡みつけるだけ。

    カラフルリース


  5. ワイヤーがかけられない物はグルーガンで留めていく。仕上げにリボンを付けて完成。

    完成!




**今回のアレンジメントのポイント**



今回のポイントは、3つあります。まず一つは「リース台」。市販のリース台でも良いのですが、サンキライツルをくるっと丸めただけの手軽さと赤い実付がキュートさを表現してくれるところ。完全にドライになってしまうと上手く丸められなくなるので、フレッシュなうちにさっさと丸めてしまいましょう。そのままドライにすれば後でアレンジが楽になります。

二つ目は、ドライフラワーにするとき、バラの葉もドライにしたところ。お花とは別に葉っぱだけドライにしました。少しグリーンが入るとよりフレッシュさが表現できます。

そして最後のポイントは、小さな花束にしたところ。こうするとリース台に取付けやすくなります。さらにワイヤーで高さが出せるので、動きのある作風に仕上げることが出来ます。これはサンキライの実がいろいろな向きについているのでそれを生かしたいためでもあります。色合いもカラフルで秋のイメージに仕上がりました。

もうすぐクリスマスですが、このリースをベースにクリスマスオーナメントを取り入れるとさらに楽しいリースが完成しそうですね。たくさん作ってプレゼントしても喜ばれそう。さあ、楽しいリース作りはじめませんか?

**関連サイト**


  • あなただけのオリジナルリースを作ろう! リース作りは楽しいよ



  • ■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
    ※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

    経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
    経験談の応募はこちらから!

    【経験談例】
    第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

    40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

    W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。