初級編 まず、基本の用具から・・・
どんなものでも、基本の用具はそろえておいた方が取り掛かりがスムーズに。
花バサミ・・・いろいろ出回っていますが、アレンジはワイヤーを利用する事が多々ありますので、ワイヤー切りのついたものが使い勝手が良いように思います。ただ、太い枝などは、無理なことがありますので、1本だけでは心配です。良く切れる花バサミも用意しましょう。そして、出来ればもう一つ、リボンなどのカット用に普通のはさみも。
 あとは、花器とオアシスを用意しましょう。オアシスは花器に合わせてカットし、水を張ったバケツなどにそっと浮かべるような感じで吸水させましょう。決して上から抑えるような吸水はしないで下さいね。中まで吸水出来なくなりますので注意しましょう。

 花材の種類分けの説明をします。花のタイプは、フォームフラワー、フィラフラワー、マスフラワー、ラインフラワーの4つに分けられます。まず、フォームフラワーというのは、ユリやアマリリスなどの大きく、個性的な花で、フォーカルポイントに良く使います。個性派な花材なので、1種のみのアレンジも素敵にきまります。マスフラワーも大きくて綺麗な花はフォーカルポイントに使う事が多い主役の花で、バラやカーネーションなどがそれにあたります。主役的な花ではあるけれども、量感を出す為のお花でもあります。次にフィラフラワーですが、カスミソウやソリダスターなど、空間を埋めたり、ボリュームを出したりする為の小花達の事です。アレンジには不可欠な花材でしょう。さらに、ラインフラワーとは、デルフィ二ウムやキンギョソウなどがこれで、アウトラインに利用したり、空間に広がりをもたせたりします。特に、ラインを生かしたアレンジに向いているでしょう。

これらを上手く組み合せてアレンジをしていくのですが、初心者には比較的簡単にアレンジできる「ドームアレンジ」から始めるとよいでしょう。ドームというのは、半円形という意味で、こんもり丸い形がとても可愛いアレンジです。可愛いリボンやラッピングでドレスアッブすれば、プレゼントにもピッタリです。

 次回に、ドームアレンジの実践編をしますので、お楽しみに。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。