文章:橋本 誠(All About「アート・美術展」旧ガイド)
PEACE BED アメリカ VS ジョン・レノン【通常版】 [DVD]
オノ・ヨーコとジョン・レノン
DVD「PEACE BED アメリカ VS ジョン・レノン」より
第53回ベネチア・ビエンナーレにおいて、日本人作家オノ・ヨーコが金獅子賞を授与されることが発表されました。

オノ・ヨーコと言えば、英国ロックバンド、ビートルズのメンバーである故ジョン・レノンの妻として多くの人が知るところでしょう。今回のガイド記事では、前衛芸術家としてのオノ・ヨーコの芸術活動にスポットをあて紹介します。

日本からニューヨークへ
オノ・ヨーコの生い立ち

オノ・ヨーコは、1933年東京都に生まれました。小学校の途中で父親の転勤でニューヨークに転居し、のち帰国。小学校の後半から大学入学までを日本で過ごしました。オノは学習院大学に入学するのですが、当時女性で初めて哲学科を志願したそうです。翌年には家族とともに再び父親の転勤にともないニューヨーク郊外に転居することになり、そして人文科学、舞台芸術、執筆で有名なサラ・ローレンス大学において音楽と詩を学び、その後の活動をニューヨークを拠点に行うようになります。そして、その地を拠点に活動していた前衛的芸術集団フルクサスに参加、詩、音楽、視覚芸術を混ぜ合わせるといった実験芸術に取り組みます。私生活では2度の結婚ののち、1969年ジョン・レノンと結婚、彼が亡くなる1980年まで共に過ごすことになります。

今回の金獅子賞受賞理由は?

どうしてオノに金獅子賞が与えられたのでしょうか。ビエンナーレ主催者は、彼女の受賞理由を、パフォーマンス・アートとコンセプチュアル・アートの先駆者であり、また現代において世界的に影響力を持つアーティストであり、「ポップカルチャーと平和活動のシンボルとなるずっと前から芸術的な表現方法を開拓し、日本と欧米の双方において永続的な痕跡を残してきた」と説明。オノ・ヨーコのパフォーマンス・アート、コンセプチュアル・アートとはいったいどんな作品なのでしょう?

次のページでは、彼女の代表作をご紹介します。