あればある程いいかもしれないお金。でも、それが原因で人生を台無しにする人もいます。過ぎたるお金は、わたしたちを決して幸せにはしてくれません!そこで、安全に金運アップにチャレンジできる方法を公開します。

財運を呼び込むエネルギーとは?

桃花
財運を呼び込むエネルギーの特徴を知れば金運アップがすぐそこに!?
金運アップに成功するには、まずどのようなエネルギーがわたしたちにお金、言い換えれば、財をもたらすかを知っておく必要があります。要は、「財運」と呼ばれるエネルギーの特徴を知っておく必要があるということです。財運エネルギーの研究は、実は中国では古くから行われてきました。

中国古来の陰陽五行論という自然哲学において、財は土の性質を持つと考えられています。また、財運を人間の本能にたとえた場合、「魅力」本能が当てはめられます。

財運はわたしたちが他人をひきつける力でもあります!

財運が持つ土性のエネルギーは、「万物を生み出し、そしてやがては万物を腐敗させる」という強力な性質を持ちます。

これは、わたしたち人間は、大地の恵みによって育まれ、いずれは死んで大地に戻ってゆくというところからみても容易に連想できます。

そして、この性質をわたしたちの本能に言い換えると、「人や物をひきつける」本能になります。これを「魅力本能」と呼びます。なぜなら、大地は宇宙のエネルギーをひきつけて吸収するからです。

このような理由から、わたしたちはだれでもがお金にひきつけられるし、お金をたくさん持っている人のことが魅力的に見えたりするわけです。これは、別の見方をすると、魅力本能をたくさん発揮している人のところには財が集まるということでもあります。

わたしたちが持って生まれた財運エネルギーはあらかじめ決まっている?

東洋哲学では、お金は「魅力本能を発揮」することで自然と集まってくると考えます。

ところが、わたしたちがもって生まれるエネルギーの総量は、あらかじめ決まっているのです。ですから、わたしたちが持つ魅力本能を発揮するための財運エネルギーの総量もあらかじめ決まっているというわけです。

そして、この総量は生年月日から算出することが出来ます。生年月日によって、人一倍魅力本能が強い人もいれば、あまり強くない人もいるわけです。

いいかえると、生年月日をみれば、その人がお金に縁があるかどうかもだいたい見当がつくわけです。

ただ、これはあくまでも財運のポテンシャルを意味するだけで、そのエネルギーを完全に燃焼出来るか、不完全燃焼で終わらせるかは、本人のおかれた環境と努力次第といえます。

また、さらに大切な事は、財運エネルギーの多少がその人の幸せを左右するわけではないという事です。

次のページでは魅力本能を発揮して金運をアップする心得を公開します!