『ボヴァリー夫人』映画化!

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)
<DATA>タイトル:『ボヴァリー夫人』出版社:新潮社著者:ギュスターヴ・フローベール価格:700円(税込)こちらは生島遼一訳。『ボヴァリー夫人』にはいくつか翻訳があるので、冒頭を少し読んでみて気に入ったものを選びましょう。
母国フランスのみならず、多くの作家に影響を与えているフローベールの代表作『ボヴァリー夫人』。過去に何度か映画になっていますが、新作が10月3日に公開されます。

監督は「エルミタージュ幻想」「太陽」などで知られるロシアの鬼才、アレクサンドル・ソクーロフ。この映画に出る前は言語学の教師だったという女性が演じる主人公、荒涼としているけれど美しい農村風景、クリスチャン・ディオールの衣装にも注目です!

予告編や公開予定など、詳細については「ボヴァリー夫人」公式サイトをどうぞ。

原作のあらすじは、ご存知の方が多いと思います。

田舎医者と結婚した夢見がちな美女エマ(山田ジャク訳ではエンマ)が、冴えない夫に幻滅し、浪費と情事に溺れ、転落する。

よくある話です。しかし……