ガイドが教える、世界遺産のちょっと変わった楽しみ方!

世界遺産は、ただ見るだけではもったいない!

世界遺産は、ただ見るだけではもったいない!

京都にある世界遺産の数々。巨大な建築物や、美しい庭をただ眺めるだけでも面白いのですが、ちょっとした裏話を知ればもっと楽しめます。ここでは、つい誰かに自慢したくなる「世界遺産の変わったお楽しみポイント」をご紹介します。

清水寺の七不思議とは!?(清水寺)

巨大な足跡の付いた岩。これも七不思議の1つです

巨大な足跡の付いた岩が「仏足石」。これも七不思議の1つです

世界遺産の中でもトップクラスの人気を誇る清水寺。ここには昔から語り継がれる「七不思議」というのがあるのをご存知でしょうか?

たとえばそのうちの1つが、「どちらも口を開ける狛犬」。この狛犬は清水寺の境内にある「地主(じしゅ)神社」という神社のものです。普通、狛犬といえば一方は口を開け、一方は口を閉じているのですが、この狛犬はどちらも口を開けています。

これを1つとして、他にも6つ、境内に様々な不思議が隠されています。
  • 首振り地蔵
  • 仁王門のカンカン貫(ぬき)
  • 巨大な「仏足石(ぶっそくいし)」
  • 梟(ふくろう)の手水鉢(ちょうずばち)
  • 弁慶の下駄と傷跡
  • 六本柱の鐘楼(しょうろう)
これらは境内にありますので、ぜひ探してみてください。

清水寺
住所:京都市東山区清水1-294
TEL:075-551-1234
拝観時間:6:00~18:00(夜間拝観実施中は17:30閉門)
拝観料金:大人400円