最後のページまでノンストップ!

チャイルド44 下巻 (3) (新潮文庫 ス 25-2)
<DATA>タイトル:『チャイルド44 下巻』出版社:新潮社著者:トム・ロブ・スミス価格:700円(税込)
レオがエリートから転落するきっかけになったのは、美しすぎる妻ライーサ。それでも彼女と新しい生活を始めようと思っていたにもかかわらず、ライーサがこれまで隠していた本音を明かしたことで険悪な雰囲気に。そのときは文句をいわないで我慢していたくせに、相手を見切った途端、一気に不満をぶちまける。そんなカップルの別れ際にありがちな一幕も。二人の関係の行方は、本書の大きな読みどころのひとつだ。

そしてヴォウアルスクの民警になったレオは、少女の惨殺死体が発見されたことを知る。事故でごまかせないなら、民警は国家の基盤に影響を及ぼさない犯人を探しだす。少女殺害事件の場合は、知的障害がある青年。しかしモスクワの事件との類似点に気づいたレオは連続殺人事件であると確信し、秘密の捜査を開始する。

皮肉なことに、彼が真実を追えば追うほど、事件とは無関係の人の死体が増えていく。野放しになっている殺人鬼も、どんどん死体を増やしていく。何もしない方がましかもというくらい絶望的な状況が、少しずつ変化していくところがいい。

後半は場面展開がスピーディになり、アクションも多く、衝撃の結末まで一気読み。「面白い小説を読んだ!」という満足感を味わえるし、年末恒例のミステリーランキングでも上位にランクインしそう。要チェックの作品だ。

【ガイドの読書日記】
「石井千湖日録」…最近気になる新刊、積読、読了本など紹介しています。



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で書籍を見る

Amazonで小説を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。