アラフォー(40歳前後)世代の幸せ探しを描いたドラマ「Around40」が話題だ。でも天海祐希演じる美人精神科医は、自分とかけ離れすぎていてイマイチ共感できない……。そんなあなたにオススメの3冊をご紹介!

益田ミリ『結婚しなくていいですか。』

結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日
<DATA>タイトル:『結婚しなくていいですか。』出版社:幻冬舎著者:益田ミリ価格:1,260円(税込)
すーちゃんは35歳。カフェの店長をしている。ひとり暮らしで、夫なし彼氏なし。気になるのは、このまま歳をとったらどうなるか? ということ。

さわ子さんは39歳の会社員。母親と祖母と3人暮らし。自分が結婚したら母は1人で祖母の介護をすることになる。やっぱり気になるのは、このまま歳をとったらどうなるか。

2人の女性の日常を交互に綴った四コマ漫画。特に、さわ子さんが生理痛でという話をすると、経産婦の同僚に子供を産めばなおるといわれるところが印象に残る。

女からも、
日々こまごまとした
セクハラを受けている
わけで、

でも、
慣れたりしない

慣れることは
許すこと

こうゆう鈍感な言葉に

傷つくことができる
あたしでいたい


流行した「負け犬」という言葉は、彼女たちにはしっくりこない。声高に何かを主張したりはしないけれども、静かに闘っている感じがするからだ。

次ページでは、結婚の次に気になる妊娠・出産の本をご紹介!