生命保険/生命保険アーカイブ

アカウント型保険を理解する!

定期保険特約付き終身保険の後継として現れたのがアカウント型の保険です。「利率変動型積立終身保険」とも呼ばれています。いわゆるセット型、お弁当で言うと幕の内弁当です。

長島 良介

執筆者:長島 良介

生命保険ガイド

  • Comment Page Icon
定期保険特約付き終身保険の後継として現れたのがアカウント型の保険です。
「利率変動型積立終身保険」とも呼ばれています。いわゆるセット型、お弁当で言うと幕の内弁当です。

アカウント型保険とは

特徴としては、この保険、生命保険本来の保障と、積立部分の両方をセットした保険ということになります。積立部分で貯めたお金を、死亡保障や入院保障に変更することができます。

積立部分と、保険の部分がわかれていることになっているので、いつでも積立部分を保障に充てることができることが特徴とされています。

こどもが小さいうちは死亡保障が必要なので、積立に回すお金は少なく、大きな死亡保障が必要なくなったら、浮いたお金を積み立てに回せば老後に終身保険に変更する原資になります。

銀行に保険用の口座をつくり、その口座に積み立てるお金と別途どこかの保険会社の定期保険や医療保険などの掛け捨ての保険に支払う保険料の合計額が、アカウント型の保険に支払う保険料のイメージになります。

積み立てはできるか?

多くの契約をみましたが、アカウント型で将来を見据えてしっかりと積立部分を確保しようとすると、保険料負担が大きくなってしまうため、積立部分がない状態の方がほとんどでした。

すなわち、単純な更新型の定期保険に加入しているのと同じ状態です。

積立てたお金で保障をコントロールすることが目的ですが、現実はなかなか難しいようです。

積み立て口座も保障もすべて同じ保険会社にして、その中で一緒に考えて少しでも管理の手間を省いて楽をするか、

積み立ては銀行に、保険はその都度、比較して最も自分にとって条件のいい保険を選んでいくか。

どちらを選ぶかはあなた次第です。

アカウント型保険は良いのか?悪いのか?

保険はその保障の内容をしっかり理解することはもとより、自分にとってどんな保険、保障が「必要」かを見極めてから加入することが大切です。保険にいい商品も悪い商品もありません。あるのは自分に合っていて必要か否かです。

アカウント型の保険に限ったことではありませんが、勧められるがままの保険に加入することは「無駄に高い保険料」を支払う可能性が高いということを理解しておいてください。

【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/4/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます