女流講談師が大流行

伝統話芸・講談のすべて (単行本)
落語娘 (講談社文庫 な 73-1)を原作とした、今夏、公開の映画「落語娘」も女性落語家が主人公
講談師=女性と思われるほど、最近の講談界は女性の進出が目立ちます。特に現在の若手の講談師のほとんどが女性です。一方、女性落語家を主人公としたテレビや映画が数多く登場しているのに、現実には女性の落語界への進出は昔と変わらず、少ない。

ブームとなっている落語界に女性進出が少なく、マイナーな感が否めない、講談には大勢の女性がいる。この逆転現象はどういったものだろうか...? その辺のことについては、前回の、「講談」って何?の記事をご参照ください。

とにもかくにも、最近の講談界には、個性豊かで魅力的な、若手女流講談師がたくさん存在します。今回は、今年目出度く二つ目に昇進した、期待の若手女流講談師の神田蘭さんをインタビュー形式で紹介します。

運命的な講談との出会い

高座前の貴重な時間に今回のインタビューに答えてくれました

落語ガイド(以下ガイド):
初めまして、今回はインタビューにご協力いただきありがとうございます。

神田蘭さん(以下蘭):
こちらこそ、よろしくお願いします。

ガイド:
もともと、講談には興味があったのですか?

蘭:
いえ、正直ほとんどありませんでした。

ガイド:
では、どういったきっかけで講談と出会ったのですか?

蘭:
講談師になる前は、私、舞台やCMで活動していました。そんなとき、演技の上でも何かの役に立つのではないかと、寄席に行く機会がありました。

ガイド:
なるほど、でも、寄席は落語中心で番組が組んであると思いますが、どうして講談に惹かれたんですか?

蘭:
一番のきっかけは、テレビで現在の私の師匠である、神田紅の「白糸の滝」というネタを見て「こんな凄い芸があるんだ」と衝撃を受けたことです。そこで、調べてみると、講談教室があるというのが分かり、そこに参加して現在に至っています。

ガイド:
演技の参考や勉強になると思い興味をもったものが、本業になってしまったということですね。


【関連リンク】
・講談団体サイト日本講談協会公式ページ
・講談界のニューヒロイン神田蘭公式サイト

・講談について紹介する「講談」って何?の記事


次ページさらに詳しく、神田蘭さんに伺いました。