『チャーリーとチョコレート工場』来日会見
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ(愛称:ジョニデ)氏、リチャード・D・ザナック製作

[2005/9/4]『チャーリーとチョコレート工場』来日会見[CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY] Tokyo Press Conference


『チャーリーとチョコレート工場』来日会見[CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY] Tokyo Press Conference
ティム・バートン監督

『チャーリーとチョコレート工場』来日会見[CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY] Tokyo Press Conferenceジョニー・デップ

『チャーリーとチョコレート工場』来日会見[CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY] Tokyo Press Conferenceリチャード・D・ザナック製作

『チャーリーとチョコレート工場』来日会見[CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY] Tokyo Press Conference
10年ぶりに姿を見せたジョニデ登壇の瞬間

『チャーリーとチョコレート工場』来日会見[CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY] Tokyo Press Conference
ジョニー・デップのアクセ

『チャーリーとチョコレート工場』来日会見[CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY] Tokyo Press Conference

『チャーリーとチョコレート工場』来日会見[CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY] Tokyo Press Conference
(c)2005 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

『チャーリーとチョコレート工場』来日会見[CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY] Tokyo Press Conference
ティム・バートン、ジョニー・デップ、リチャード・D・ザナック[敬称略]

9月10日[土]~公開の映画『チャーリーとチョコレート工場』(配給:ワーナー・ブラザース映画)のPRでティム・バートン監督と10年ぶりの来日となったジョニー・デップ(愛称:ジョニデ)氏と本作の製作担当のリチャード・D・ザナック氏が来日され帝国ホテルにて記者会見を行いました。

ロアルド・ダールの不朽の名作を原作に持ち、ティム・バートン×ジョニー・デップのゴールデンコンビ作品の完成度の高さ、そして『デッドマン』(1995/ジム・ジャームッシュ監督)のPR以来となるジョニー・デップの来日とあり、日曜日にもかかわらず、会場にはムービーカメラ70台、スチールカメラ280、記者が650人集まりました。

「10年ぶりの来日となりました。次回はそれほど時間をおかずに来日したいと思っています」と挨拶。日本でご自分がいかに人気があるか、今回の来日で分かったのではないでしょうか。来日したのは3日の午後、大勢のファンが空港にお出迎えに集まったそうです。また会見当日ひと目みたいと集まったファン500名がホテル内の宴会場前に駆けつけていた(残念ながらジョニー・デップはその場を通らず)。

『チャーリーとチョコレート工場』来日会見[CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY] Tokyo Press Conference

僕は男…産んでいない!!

お子さんの誕生によって影響が?と聞かれた監督は「僕は男なので産んでいないから…(笑)」と会場を笑わせた後で「まだピンとこない」と語られた。そんな監督のご子息が1シーンで登場している。それは『自転車に乗って通り過ぎる』だけという、が「カメラ目線になるので、お陰で20テイクも行ったよ」。だからこれが「最初で最後の出演」になると監督の顔になっていた。

「リス嫌い」だった監督は、劇中にリス(しかも撮影用に調教した!)を登場させ克服したとか。なにやら顔つきがリスっぽくなったな、と思ったのは南だけかも。そして『2001年宇宙の旅』キューブリック監督へのオマージュともとれるチョコレートをモノリスにみたてたような演出についても質問が…「そう(オマージュ)です。ただテレビルームのセットが宇宙船のようだったし、チョコレートの型もモノリスに似ていたので偶然、そうなりました」

『チャーリーとチョコレート工場』来日会見[CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY] Tokyo Press Conference

父の撮影を見学し…「パパ、変だよ!?」

ジョニー・デップの二人のお子さんは撮影を見学、トレーラーから出てきた自分のパパの変わり様(ウィリー・ウォンカに扮して)を見て「3秒ぐらいは口をポカンと開けていた」と口を開けて再現して見せるジョニー・デップ。また上の子は「パパ、変だよ」と言ったとか。そういって笑ったジョニー・デップは、素になっていて父親の表情を見せたのだった。役作りは「一度役の感覚を掴んでしまえば」演じるのは困らないそうだ。今回のウィリー・ウォンカの口調は監督と相談して子供番組やゲーム番組の司会のリズムを真似たそうです。

本年10月に続けて公開になるストップモーション・アニメ『ティム・バートンのコープスブライド』も同時撮影していたことについて「日によっては午前中にウィリー・ウォンカ(『チャーリーとチョコレート工場』での役柄)、午後は結婚を控えた気弱な若者ビクター(『ティム・バートンのコープスブライド』で声を担当)していたよ」と明かしてくれた監督。お互いに最高のパートナーと思っているのが良くわかりました。

『チャーリーとチョコレート工場』来日会見[CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY] Tokyo Press Conference

リチャード・D・ザナック製作は「監督に余計なプレッシャーがかからないように、出資者たちと接しないで済むように」など気を配ったといいます。また続編が期待されるところだが、それについてはスタジオ(ワーナー)が権利を持っているから現段階では何とも言えないけど、「ティム・バートン監督とジョニー・デップと素晴らしい脚本があれば」と可能性を示唆した。

最後にお気に入りのシーン(一つを選ぶのは難しいと口を揃えつつ)―

ティム・バートン監督―リスのシーン。(自身が)リスが怖いので恐怖感がでたと思う。
ジョニー・デップ氏―ガラスのエレベーターのシーン。100フィートの高さから吊り下げられたし、閉じ込められて暑かった。
リチャード・D・ザナック製作―(先に言われちゃったけど)リスのシーン。あの女の子(=ベルーカ・ソルト)が嫌いなんだよ(笑)。だから見ていてスッキリしたね。

ジョニー・デップのあんなこんな行動を写真におさめました。(おもに手の動きに注目下さい)⇒『チャーリーとチョコレート工場』ジョニー・デップ来日写真


『チャーリーとチョコレート工場』作品紹介
原題:[CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY]

9月10日[土]~丸の内ピカデリー2ほか全国松竹・東急系にてロードショー

[CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY] Tokyo Press Conference

※著作権は撮影者・南樹里及びオールアバウトに帰属します。
※記事・画像の使用は、版権を有する映画配給会社等の許諾を得て掲載しています。
※記事・画像の使用・転載は、営利・非営利を問わず禁止です。
※リンクは、大歓迎です。詳細は右上の▲リンクをご覧下さい。
※(c)2005 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
※Photos(c) JULIE MINAMI - All Rights Reserved. Use is restricted to this website in promotion of "CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY" Photographs may not be copied for use elsewhere including other Internet sites without permission.



映画・来日・ニュース・イベント9月トップページへ戻る
『映画』トップページへ戻る