アクリル絵具のリキテックスが絵画作品を大募集!!
『第9回リキテックス・ビエンナーレ』作品公募開始

「リキテックス大賞」受賞者には賞金150万円が贈られます


アメリカ生まれの水性アクリル絵具「リキテックス」の発売元である株式会社バニーコーポレーション(本社:東京都江戸川区 代表取締役:石井栄一)では、新しい感性を求めて第9回目を迎える『リキテックス・ビエンナーレ』を開催し、広く一般の皆様から平面作品を募集することになりました。
「リキテックス大賞」の受賞者には賞金150万円が贈られるコンクールです。

この『リキテックス・ビエンナーレ』は、現代美術における新しい才能を発掘、紹介していくことにより、平面表現の登竜門的コンテストとなることを目的として、1986年よりスタートした歴史あるコンクールで、以来隔年で実施されていて、今回が9回目の開催となります。

過去8回における応募作品数は、日本各地や海外からの出品も含め平均1,500点近くにものぼり、一般公募・ノンジャンルの平面作品コンクールとして、毎回多くの質の高い意欲作の応募があります。

応募作品のテーマは自由で、リキテックス(アクリル絵具)を主に使用した未発表の平面作品であれば絵画、イラスト等ジャンルは問いません。
さらに学校や団体を対象とした学校部門(団体)への応募も併設されています。

応募方法は、1人2点までの作品を35mmスライドに撮影し、所定の出展申込書と出品料3,000円(学校部門は不要)を添えて、現金書留にて下記リキテックス・ビエンナーレ事務局まで送付します。

作品の応募受付期間は平成14年8月30日(金)から9月17日(火)到着分までとなっています。

なお、審査員は、久里洋二氏、ヒロ杉山氏など多彩な顔ぶれで、リキテックス大賞の受賞者には賞金150万円が贈られます。

一般部門
☆賞/
リキテックス大賞:150万円 1名  
特別賞:30万円 若干名
奨励賞:10万円及び賞品 10名  
入選:賞品 50名程度

☆審査員/
久里洋二(画家・アニメーション作家)
智内兄助(画家・第1回リキテックス・ビエンナーレ大賞受賞)
ヒロ杉山(イラストレーター)
水谷孝次(アートディレクター)
安珠(写真作家)

☆第一次審査/スライドによる
受付期間2002年8月30日(金)~2002年9月17日(火)到着分まで

☆第二次審査/原画による・・・第一次審査入選者に通知 

学校部門(団体賞)併設
☆賞/
優秀学校賞5校:受賞校の参加者全員と代表の先生に画材一式

☆第一次審査/サービスサイズプリントまたはポラロイド写真による
受付期間2002年8月30日(金)~2002年9月17日(火)到着分まで。


入選作品展は、2002年2月(予定)に東京青山のスパイラルガーデンにて開催。
審査の結果発表2002年1月応募者全員に書面にて通知されます。

お問い合わせ先:
        株式会社バニーコーポレーション
        リキテックス・ビエンナーレ事務局
        TEL.03-3877-5116

募集要項ご希望の方は、下記事務局宛80円切手同封の上ご請求下さい。
〒134-8576東京都江戸川区臨海町3-6-3
株式会社バニーコーポレーション リキテックス・ビエンナーレ事務局

詳細は、株式会社バニーコーポレーションのホームページhttp://www.bonnycorp.co.jp/liquitex/)をご参照下さい。

第1回から第7回の大賞作品と第8回リキテックス・ビエンナーレ受賞作品もご覧いただくことが出来ます。

「関連リンク」
[懸賞・公募・プレゼント] リンク集 >「コンテスト・公募情報です」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。