9月6日からテレビ東京で放送中のドラマ『マイガール』。その中でクールな御曹司ソル・ゴンチャンを演じているイ・ドンウクが今注目を浴びています。整った顔立ちに、184cmの長身、運動で鍛えられた体格で、芸術的俳優と呼ばれているイ・ドンウク。8月に東京・日本青年館大ホールで行われた日本ファンミーティングでは、ユーモアたっぷりの素顔を垣間見せてくれました。ファンミーティングでのトークを中心にお伝えします!

心に残るドラマ『マイガール』

ストレートでユーモアたっぷりのトークが大好評だったイ・ドンウク
ステージの上の大きなバルーンが突然割れると、中からイ・ドンウクが登場! と意表をついた形で始まったファンミーティング。イ・ドンウクが、ステージの左側そして右側へとあいさつすると、会場からは大きな歓声が上がりました。プライベートでは数回日本に来たことがあるものの、公式的な訪問は初めてというイ・ドンウク。ファンにとって待ちに待った来日でした。まず、目を惹いたのはヘアスタイル。ドラマ「マイガール」のときとは異なり、後ろで1つにまとめていたのです。

イ・ドンウク:
髪が長いのは、役作りのためです。ドラマなどの活動がオフのときは、次の作品のために伸ばしているのです。伸ばしておけば(長髪・ショートヘアーなど)どんな役のオファーがきてもそれに合わせてチェンジすることが可能ですから。

司会:
イ・ドンウクさんはデビューして8、9年になりますが、役者になったきっかけは何だったのですか。

イ・ドンウク:
昔から役者になりたいと思っていました。モデル大会で優勝したのが芸能界入りのきっかけです。

司会:
オーディションでは合気道の受身を披露したエピソードが知られています。

イ・ドンウク:
特技を聞かれ、ほとんど特技がないので何にしようかな~と思っていたとき、学校の授業で柔道を習っていたので受身をいろいろ披露しました。痛かったけど、痛いフリは見せませんでしたよ(笑)。

司会:
イ・ドンウクさんはクールなタイプかと思っていましたが、実は根性の人なのでしょうか?

イ・ドンウク:
クールな面もありますが、熱い面もあります。両方あるので、演技にはとても役立っています。

司会:
これまで演じた役の中で一番自分に似ていると思うのはどれですか。

イ・ドンウク:
全部似ているとも言えますね。少しずつ僕自身の姿が投影されていますから。でも、その中で特に一番似ていると思うのは、ドラマ「拝啓、ご両親様」のアン・ジョンファンです。「マイガール」のソる・ゴンチャン役は、視聴者から愛していただき、アジアの国々でも知られるようになり、仕事のオファーも増えたという点からも、意味のある役として心に残っています。

次ページでは、ミルキーな肌を維持する方法について語ります。