映画『王の男』を彩る男たちの中でも光っているのがカム・ウソン。貧しくも自由を求めた芸人、チャンセンを力強くそして時に繊細に演じ、作品全体を引っ張っていきます。2006年の大鐘賞映画祭では、チャンセン役で主演男優賞にも輝きました。ところが、企画の立ち上げ時にはイロイロあったとか……。キャスティング秘話や作品に対する熱い想いを語ってくれた、単独インタビューをお届けします!

クランクイン1ヶ月前に決まったチャンセン役

映画ではややコワモテだったが、実際はとてもソフトなカム・ウソン
ガイド:
映画『王の男』への出演を決めた経緯を教えてください。

カム・ウソン:
もともとは別の俳優がチャンセン役にキャスティングされていたのですが、その人が急に軍隊に行くことになってしまいました。何人かの有名な俳優が出演の打診を受けたのですが、皆「興行的に成功するのは難しいのではないか」「演技が難しい」という理由で断ったと聞いています。

私の元に話が来たのは撮影がスタートする予定日の一ヶ月前でした。他の人に打診されたシナリオを、私は演じることはできません。私を必要とする理由がはっきりしないと映画にとっても意味がないと思うからです。そのため監督に説明を求めました。当時製作会社は基盤が脆弱で、もし私が出演を断ったら企画がつぶれてしまうという状態でした。本当に私の出演を望んでキャスティングの提案をしているのであれば、私は受ける準備ができていると伝えました。実は台本を読んですごく気に入っていたのですが、プライドがあるため、気に入ったとは言いませんでした。

また、ドラマを長くやっていたので、自分は歴史劇には向いていないのではないかと思っていたのです。最初は難しいのではないかと思っていました。でも、製作会社の真摯な気持ちを感じたため、決心するまでにそれほど多くの時間はかかりませんでしたね。監督もとても良い方でしたし。結果的には良い仕事をすることができ、期待以上の成績を収めることができました。

ガイド:
イ・ジュンギ扮するコンギルと対照的な姿を演じるために、作品の中では役作りに特別に気を使った点も多かったのではないかと思います。

カム・ウソン:
私は自分の役割だけを考えて映画に参加したのではなく、作品全体のことを考えながら参加しました。映画『王の男』の原作である演劇ではヨンサングンとコンギルが主人公ですが、映画ではチャンセンとコンギルの役割がより重要に描かれています。そのため、頭の中でイメージを作るときには、いつもチャンセンとコンギルのことを同時に考えながらキャラクターに入り込んでいく訓練をしたのです。

次ページでは、『王の男』に賭けた思いについて語ります。