今、韓国で四天王を抑え、「恋人にしたい男ナンバーワン」に輝きつづけるトップアイドル、カン・ドンウォン。タレントといえばモムチャン(ナイスバディの意味の韓国語)が主流を占める韓国芸能界で、長~い手足の王子様ルックスは異色の存在ともいえます。そう、彼は韓国の芸能界にひとつの革命を起こしたアイドルなのです。

オオカミ・シンドロームを巻き起こす

くるくる回る瞳が印象的なカン・ドンウォン
今回カン・ドンウォンがプロモーションのために来日した映画、「オオカミの誘惑」は、2004年7月に公開されると同時に、若者を中心に「オオカミシンドローム」を巻き起こした大ヒット作。
若干20歳の女の子が書いて爆発的な人気を呼んだインターネット小説が原作となっている。
カン・ドンウォンと、この作品がデビュー作となる爽やか青年チョ・ハンソンという韓国で最も熱い2人の対決に注目です!


「道端に座る若者が気になった」カン・ドンウォン記者会見

第一印象はすらりとした美少年。
会見場にカン・ドンウォンが現れると、記者たちの間から「わー、ほっそーい」と思わず声が漏れました。
それもそのはず、彼は身長186センチで体重が68キロ。2000年にスカウトされ、モデルとしてデビューしたという経歴の持ち主なのです。
細いネクタイに短いジャケット。こんなファッションを着こなせる人はかなり少ないはず。モデル出身というのも納得のルックスです。
会見では一つ一つ言葉を選び、丁寧に、そして少し恥ずかしそうに答えていたのが印象的でした。

Q 映画の見どころを教えてください。
A 若い人向きの内容の作品です。
見どころはアクションシーン。ワイヤーもスタントも使わずに撮影しました。ストーリーはドラマ的要素が盛り込まれた、悲しい話です。撮影中は同じモデル出身のチョ・ハンソンと一緒でリラックスした雰囲気でした。

Q この映画で得たものは何ですか。
A 人気を得ました(笑)。人気が出たのは運がよかったのだと思っています。日本で公開されるとは思っていなかったので、驚いています。

Q 日本の印象を教えてください。
A 日本には旅行でよく来ていましたが、日本の若者たちは道端によく座っていますよね。何をしているのか気になります(笑)。韓国では道で変なことをしていると、みんながジロジロみるのですが、日本の人はあまり気にしないようですね。座って何をしているのか、教えてください(笑)。

号泣ラブストーリー!カン・ドンウォンの新作映画「オオカミの誘惑」情報は次ページへ!>>