Windows 7でWindows XP用のプログラムは動く?

新しいWindowsにアップグレードするときに一番不安なのは、いままで使っていたプログラムが新しいWindows上でも問題なく動作するかということではないでしょうか。

この不安を解消するために、Windows 7ではWindows XPモード(以下 XPモード)を用意しています。XPモードは、Windows XPのプログラムを正常に動作させるために、Windows 7上で仮想Windows XP環境を実現しています。

ここで注意しなければならないのは、多くのWindows XPのプログラムは、Windows 7上でも正常に動作するということです。XPモードは、Windows 7で実行できない一部の古いプログラムを実行するためにありますので、本当にXPモードが必要であるかを確認してから導入してください。

XPモードを実行できることを確認する

Windows 7の中でXPモードを利用できるエディションは、Professional 、Ultimate、Enterpriseです。[Windows]キーを押しながら[Pause]キーを押すと、Windows 7のエディションを確認できます。

エディションが確認したら、自分のパソコンでXPモードが実行できるかを確認します。XPモードを実行するためには、プロセッサーがハードウェアのバーチャライゼーションをサポートしている必要があります。

インテルのプロセッサーをお使いの方は「インテル プロセッサー識別ユーティリティー 」をダウンロードして実行することにより確認できます。

 

 


また、「Microsoft Hardware-Assisted Virtualization Detection Tool (英文)」をダウンロードして実行することによっても確認できます。
 

 

インストールの手順

XPモードを実行するためには、「Windows XP Mode」と「Windows Virtual PC」のファイルをダウンロードし、インストールする必要があります。

まず、「Windows XP Modeのダウンロード」サイトでWindows 7のエディションとインストールする言語を選択します。

続いて、「Windows XP Mode」をダウンロードし、インストールします。次に「Windows Virtual PC」をダウンロードし、インストールします。インストールが完了したら、パソコンを再起動します。
 

 

 

XPモードをセットアップする

パソコンが再起動したら、[スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[Windows Virtual PC]→[Windows XP Mode]の順にクリックします。

 

 

[Windows Virtual PC]→[Windows XP Mode]をクリックすると、「Windows XP Mode 使用許諾契約書」が表示されます。ライセンス条項を注意して読み、同意する場合は[ライセンス条項に同意する]ボックスをチェックしてから、[次へ(N)>]ボタンをクリックします。
 

 

次に、パスワードを入力します。このパスワードはXPモードにログオンするときに必要なので、忘れないようにしてください。
 

 

[次へ(N)>]ボタンをクリックすると、以下のダイアログボックスが表示されますので、[自動更新]をオンにして、[次へ(N)>]ボタンをクリックします。
 

 

続いて、ドライブをXPモードと共有するために、[セットアップの開始]ボタンをクリックします。
 

 

セットアップが完了すると、XPモードのウィンドウが表示されます。DVDドライブはXPモードでも共有できますので、Windows XPのプログラムはDVDドライブからインストール可能です。
 

 

仮想マシンを休止状態にするときは[操作]メニューの[閉じる]をクリックします。また、[CTRL+Alt+Del]項目をクリックすると、以下のダイアログボックスが表示されます。XPモードをシャットダウンしたい場合は、[シャットダウン]ボタンをクリックします。
 

 

今回使用したマシン(Core2 Duo E6400 2.13GHz)は現在ではそんなに速い方ではありませんが、XPモードにしてもモタモタした感じはなく、十分に実用に耐えるレベルでした。

【関連サイト】
Windows Virtual PC ホーム ページ
Windows 7 の機能 - Windows XP Mode -


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。