宝塚歌劇団で上演される作品のほとんどは、大勢の座付きの脚本家兼演出家によって作られたオリジナル作品ですが、中にはブロードウェイ等で上演された海外ミュージカルもあります。 (以下敬称略)

宝塚歌劇団で初めて上演された海外ミュージカルは「オクラホマ!」。
オスカー・ハマースタイン?世/脚本、リチャードロジャース/作曲によって作られた「オクラホマ!」は、1943年ブロードウェイで初演、1955年には映画化されました。
オスカー・ハマースタイン?世とリチャード・ロジャースは、後に「回転木馬」「南太平洋」「王様と私」「サウンド・オブ・ミュージック」などのヒット作を作りますが、この「オクラホマ!」は、二人にとって初顔合わせの作品でした。

1967年「オクラホマ!」は月組・星組合同で上演されました。
演出は米国から招いたジェムジー・デ・ラップ女史。
復刻版とも言われるほど、ブロードウェイ初演時の原型そのままに上演されました。

配役はオーディションによって決められ、主な配役は、カーリー・上月晃、ローリー・初風諄。
後1984年の再演時の振付を行った司このみや、現在も座付きの振付家である羽山紀代美も、この初演に出演していました。

宝塚で初めてブロードウェイ・ミュージカルをすること、またアメリカ中西部の農場が舞台のストーリーなため「宝塚に不向きなのでは?」「フィナーレがなくてはつまらない」という声もありました。
しかし新しい試みは大成功。その後の宝塚歌劇を大きく開花させることになったのです。


翌年1968年に「ウエストサイド物語」を上演します。
「ロミオとジュリエット」の現代版と言われたこの作品は1957年ブロードウェイで初演、1961年映画化。
宝塚での演出はジェローム・ロビンスと直弟子のサミー・ベイスで、月組・雪組合同で上演されました。
主な配役は、トニー・古城都、マリア・八汐路まり。他、オーディションで多くの新人を発掘しました。

男性ダンサーでさえ過酷な激しいナンバー(例えば…金網を一気に駆け下りるなど)のある作品。宝塚での上演に不安の声もありましたが、生徒の熱演と宝塚のアンサンブルの強さを見事打ち出し、芸術祭賞を受賞しました。


1969年には「回転木馬」をエドワード・ロール演出にて雪組で上演。
前2作とは違いファンタジー色の強いこの作品は、宝塚に向いているという点で上演前からも期待されました。
主な配役は、ビリー・真帆しぶき、ジュリー・大原ますみ。


1974年には「ブリガドーン」を星組にて上演。
これは初めて宝塚歌劇団スタッフで作られた作品で、演出は鴨川清作、振付には司このみ。
主な配役は、トミー・鳳蘭、フィオナ・四季乃花恵・紫城いずみ(Wキャスト)。


さて次のページでは、これまでに上演された作品のリストをご紹介しましょう。