ガイド記事「全国朝ドラ分布図(後)次の舞台を勝手に予想」で次の朝ドラの舞台として埼玉県を予想しましたが、ついに発表されましたので解答編です。

『つばさ』

09年春からのNHK連続テレビ小説は『つばさ』で舞台は埼玉県川越市。

玉木つばさは老舗和菓子屋「甘玉堂」の跡継ぎ、自分の夢を追って家を留守にする母に変わって家事を取り仕切るおばさんキャラ。しかし母が家に戻って「主婦をやる、店の跡も継ぐ」とつばさの仕事を取ってしまったため、地元のコミュニ-ティラジオ局で働くことに。仕事で川越の人とふれあいながら町の問題に気がつき、解決への努力を通してさらに町の人々との絆を深めていく。

脚本は『ロッカーのハナコさん』や『科捜研の女』シリーズの戸田山雅司、ヒロインはこれからオーディションし7月ごろ決定予定。

埼玉県が最後?

澪つくし 完全版 DVD-BOXI
澪つくし 完全版 DVD-BOXI
さて『つばさ』の制作発表でNHKは「埼玉県が全国47都道府県のうち唯一“朝ドラ”の舞台となっていなかった」といっております。

ところが3月15日、NHK BS-2で放送された『お宝TVデラックス』は朝ドラ特集で『鳩子の海』『雲のじゅうたん』『澪つくし』をとりあげたのですが、その中でこちらも舞台を都道府県別に分析しており(同じようなタイミングで同じことを考えています)、この中で「残るは埼玉県と山梨県だ」といっております。この違いはどこにあるか?

さて、違いの理由は?