『中学生日記』だれでも一度は見たことがあるのではないでしょうか。『中学生日記』としては1972年から、前身となる『中学生次郎』『中学生時代』から数えると41年続く長期シリーズです。

『中学生日記』の特徴は一般の中学生が演じるリアルな学園ドラマだということ。
それは、、毎年オーディションで300人の中学生を選び、また出演者も含めた中学生たちの生の声を通してドラマをつくることにより支えられています。

出身俳優として中野良子、森本レオ、竹下景子、小西博之、戸田恵子、近藤芳正、葉山レイコ、最近では加藤晴彦も。

長年、NHK総合日曜の放送が続いていましたが、この4月からNHK教育土曜19時25分からに変更、19時からのドラマ愛の詩と小中学生向けドラマラインを構成しています(再放送は土曜10時台)。

さてその『中学生日記』、昔見たイメージで、今見てみるとあまりの違いにビックリすると思います。ひと言でいうと「ポップ」、金曜ドラマ『STAND UP!!』などかわいいもので、いま日本のドラマである意味先端を走っています。

たとえば、この記事を書いている時点で最も新しく放送されたのは7月5日放送の『クーラー!クーラー!』、テーマは「中学校のクーラー普及率は5%、だからあつい」と、クーラーのある職員室や保健室に群がり女子はスカートをパタパタ、と全編ひたすらあちいあちいだけで進行しています。