怒られている子どもでなく、怒っている親が困っている……

Q:子育てに疲れているのかどうかわかりませんが、毎日イライラして、怒ってばかりいます。このままでは、子どもを叩いたりしてしまいそうで不安です。どうしたらいいでしょうか?

 

子育てのイライラ
子育てに疲れて毎日イライラ怒ってしまうときどうすればいいか?
A:人が怒っているとき、たいてい「あなたのためを思っている」と考えることが多いようです。子どものためを思っているからこそイライラするし、怒りもするんだと考えます。それは正しいと思います。別の面から見ると、「怒っている人が困っている」ということを忘れがちです。怒られている子どもはつらいかもしれませんが、困っているわけではありません。困っていることを誰が解決するのかというと困っている本人です。もし、親のあなたが怒っているとき、それは子どもが解決できることではなく、あなた自身が解決しなければならないことだといえます。

予期せず怒られた出来事

以前、私のオフィスでインターネット関連の工事をお願いしました。実際に工事が終わって見てみると、お願いしていた工事と違っていました。施工してくれた人に問い合わせると、「うちは設計図通りに工事しました。設計した会社はうちではありません」と怒った口調で言われました。私は、どうしてお願いした通りの工事が行われなかったのかが知りたかっただけなのですが、その人は苦情を言われたと思ったようです。設計図通り工事しているのに苦情を言われたら、誰でも困ります。

「怒ってる人は困ってる」ということです。思わず、「たいへんですね」と言いました。それがよかったのかどうかわかりませんが、後日、工事をやり直してもらうことができました。

あなたは、いったい何に困っているのか?

もし、あなたがイライラしたり、怒ったりすることがあれば、まず「何にイライラしているのか?」「何に怒っているのか?」を探すといいでしょう。怒ってる人は困っているということですので、「何に困っているのか」を発見してください。子どもがいたずらをするから、言うことを聞かないからというように、あなたの怒りの原因を子どもに求めていては解決できません。ここでは私が見てきて多かった「困っていること」を紹介しますので、参考にしてください。

■子育てがうまくできない自分にイライラしている
■自分の時間がないことにイライラしている
■過度の責任感を感じている
■失敗を恐れすぎている

>>失敗を次に活かすには?>>