赤ちゃんの手
赤ちゃんの手。健やかな成長を、夫婦ふたりで見守りたい。(写真提供:photolibrary
石垣島で子育て中の「マーク・パンサー」に見られるような「男性の子育て参加」は時代の要請であるとともに、当然ともいえる時代の流れです。その子育ては、「くたくたに疲れきった」というイメージではなく、「楽しくスマートに」というのもマーク・パンサーさんの記事から見てとれます。

そこで育児用品予想として、来年は育児をするパパをかっこよいとする風潮がますます強くなり、パパや男性が使いたいグッズが登場、人気が出てくるのではないでしょうか? ニーズがあるところにグッズあり。パパも使えるタイプの育児用品がより洗練されていく方向に一票です。そこで今回は、そのさきがけとなりそうな、いくつかのアイテムをご紹介します。

<INDEX>
1ページ目:パパにも似合うスリング1 オーガニックコットンの定番タイプ
2ページ目:パパにも似合うスリング2 和布を使ったシブいタイプ
3ページ目:パパ抱っこをさらに満喫したい パパ用ダウンブルゾン

スリングは抱っこひもとしてすっかり定着し、パパの抱っこで散歩やお買い物を楽しむ家族連れをよく見かけるようになりました。パパの方が大きくて力持ち(のことが多い)のですから、たくさんスリング抱っこしていただきましょう。体格差のあるご夫婦だと、ワンサイズタイプよりも、リングで調整できるタイプの方が汎用性があります。テールがファッショナブルなタイプは、パパには少々気恥ずかしいかもしれません。最初に選ぶときにパパの意見も反映して買ってもらうといいですね。

【スリング 用語解説】
  • ポーチ:赤ちゃんがすっぽりおさまる部分
  • リング:バックルのような調整機能部分。赤ちゃんと密着する位置で締めることができる。
  • テール:ポーチの続きになる部分で、長さ調整する部分。

パパにも似合うスリング オーガニックコットンの定番タイプ

キュットミー823(オーガニックコットン)
キュットミー823(オーガニックコットン)税込10,500円こちらで購入!(写真提供:北極しろくま堂
北極しろくま堂の「キュットミー823」は、どちらかというとセカンドスリングとしての位置づけですが、赤ちゃんを入れるポーチ部分の綿を抜き、肩パッド部分だけが綿入れのため、もこもことかさばらず、すっきりと使えるのでパパにもおすすめです。テールがふんわり長いタイプなので、ママだったら、授乳やファッションに活躍しますが、パパの場合は防寒やメンズファッション風アレンジなど、工夫をしてみてくださいね。

【キュットミー823】
  • 素材:綿100%
  • 素材:ダンガリー平織り/オーガニックコットン/しじら織り/fataシリーズ(イチゴとお花のキュートな柄です)
  • 色:オーガニックコットンはナチュラルブラウンのみ。ダンガリーはネイビー、ブラックなど7色。しじら織りは水色系、茶色系など10色。fataシリーズはイタリアからの輸入品で花とイチゴの可愛い柄です。
  • サイズ:たたんだとき―幅 20×長さ 32×厚さ 3(センチ) 肩パッド部分―幅17×長さ25×厚さ2(センチ)
  • 重さ:本体のみ 290グラム
  • 日本ベビースリング協会より「Safety Sling」マークを取得
  • 専用収納袋・取り扱いDVDつき

次のページは パパにも似合うスリング2 和布を使ったシブいタイプ