アナフィラキシーの対処法

子供にアナフィラキシーのような症状が起こった場合は、とにかく急いで病院へ連れて行ってください。ひどい場合には命に関わることもあります。

アナフィラキシーの治療は原則的には病院でしかできません。ただしこれまでに蜂の毒でアナフィラキシーを起こしたり、明らかにアナフィラキシーの危険性があると考えられる方にはエピネフリンという、治療薬の自己注射を携帯することも出来ます。該当する子供の場合は主治医に相談しましょう。

また、急に呼吸が止まってしまった場合には、ただちに心肺蘇生法を行う必要があります。子供に食物アレルギーがある、という方はもしもの時のために日頃から備えておきましょう。

アナフィラキシーの防止策

食べたり触れたりしたもののどれがアナフィラキシーを起こすかは予測できません。ですから、一度でもアナフィラキシーを思わせる症状が出た薬品・食品などは、以後摂取しない、触れないようにするのが唯一、確実な防止策です。

ヨーグルトも腸内細菌を整えます
ヨーグルトも腸内細菌を整えます

食物アレルギーそのものの予防としては、子供の食事が偏らないようにする。また食物繊維を多く含む食事、オリゴ糖や乳酸菌の摂取も腸内細菌を整え、アレルゲンが吸収されにくくなります。

質問のように蜂に刺された場合、2回目に刺されるとアナフィラキシーを起こす可能性があり、注意が必要です。蜂にあう可能性のある場所には近づかないのが一番。やむを得ず近づくときには虫除けスプレーを使ったり、肌の露出を控えるなどの対策をとります。

*ネット上での診断・相談は診察ができないことから行えません。この記事は実際の診察室での会話をもとに構成したものです。診断・相談が必要な方、お子様が病気にかかった場合は医院、病院で実際に受診してください。


卵アレルギーの子供は、風邪薬に要注意!
風邪薬などに普通に含まれている「塩化リゾチーム」。卵白と同じ成分が含まれていますので、卵アレルギーの子供は注意する必要があります。風邪薬を購入する際には必ず薬剤師に卵アレルギーのことを伝えましょう。

また、インフルエンザワクチンを作る工程で卵を使いますので、卵アレルギーの子供はワクチン接種ができません。意外に見落としがちなポイントですので、気をつけてあげたいですね。




<参考リンク先>

アナフィラキシー対策フォーラム

アナフィラキシー反応(メルクマニュアル家庭版)

アナフィラキシーショック(虫と薬と)(耳鼻科50音辞典)

アナフィラキシー(おでびびはうす)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項