子どもとのやり取りのなかで、思いがけない行動にカッとなってしまったり、どうしていいか分からずについ怒鳴ってしまったり、やさしくしてあげたいのに、反射的に思いがけない言動をしてしまう自分自身を持て余してしまうこと、ありませんか?

「親業」に学ぶコミュニケーション

母と子
子どもの行動にイライラ……。そんなときどうするればいい?
本当は子どものことが大好きなのに、無理やり言うことを聞かせようとして、嫌がられてしまうこともありますよね。子どもの心を理解し、話の通じ合う温かい親子関係を築くためには、そういった方法を身につけるための訓練がまず必要なのです。

皆さんは「親業(おやぎょう)」という言葉を聞いたことはありますか? 親業とは、子どもの気持ちを受け止め尊重しながら、親子のやり取りを無理なく運んでいくためのコミュニケーション方法。1962年にアメリカの臨床心理学者トマス・ゴードン博士が考案したもので、カウンセリング、学習・発達心理学、教育学など、行動科学の研究成果を基礎にしたプログラムです。今回は子育てに悩めるママたちへ、親子関係に笑顔が増える「親業」をご紹介します。

子どもとの関係を壊していませんか?

子ども
親と子は別の人間。管理するのではなく、より良い関係を築きたい
子どもと接していて、言うことを聞かないとついつい「あなたのためを思っているんでしょ!」「言うこと聞かないならおやつあげない!」「おやつあげるから、お風呂入らない?」などなど、本当の目的と外れた形で子どもとコミュニケーションをしてしまうことってありませんか?

これらは命令・脅迫・説教・提案・理詰めで迫る・非難・同意・はずかしめる・解釈・同情・尋問・ごまかす……など、親業では場面によって親子関係を壊すコミュニケーションとされているもの。ドキッ! 改めて振り返ってみると、いつもこの中のどれかのような……。では一体、どんなコミュニケーションをすればいいのでしょう?