うちの子は笑わない?!

笑わない赤ちゃん
笑いかけても笑い返さないのはなぜ?
赤ちゃんに一生懸命に話しかけたりあやしたりしてみるものの、黒い瞳でじっとこちらを見つめるばかり。育児書には「赤ちゃんには笑顔で話しかけるように」と書かれているけれど、実際には笑いかけても同じように笑い返してくれるとは限りません。

ママにとってみると、いつまでこうした状態が続くのかと不安になったり、手ごたえが感じられず、むなしくなってしまったりすることもあるのではないでしょうか。今回はそんな赤ちゃんの笑顔の秘密についてご紹介します。

新生児の笑顔は生理的微笑

赤ちゃんは「笑顔」というものを身につけずに生まれてきます。そのため、生まれたばかりの赤ちゃんは泣いているか寝ているかのどちらかです。そして、1ヶ月頃から赤ちゃんが笑っているように見えたり、眠りながらふっと笑顔を見せてくれる瞬間が増えてきます。

じつはこの頃の笑顔は、弱い生き物である赤ちゃんが、ちゃんとママに可愛がって育てていってもらうための本能の微笑みなのです。生理的微笑や新生児微笑ともいわれます。

この時点では、赤ちゃんは、意識して笑顔を作っているわけではありません。本能の働きで生理的微笑をすることで周りの人が笑顔になり、優しくしてくれる。……そう感じることを体験していく中で、この表情は役に立つらしい、と感じて笑顔を繰り返すようになるのです。

>>愛らしい赤ちゃんの笑顔はいつ見られるの?>>