端午の節句はなぜ男の子の節句なの?

菖蒲
「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであることなどから、端午の節句が男の子の行事として定着
古来、行なわれていた「端午の行事」も、武家社会になっていくと同時に、だんだんなくなってきました。

しかしながら、古来中国で行なわれていた、「蘭の湯に浸かり、薬草、菖蒲酒を飲み、菖蒲で体の汚れを祓う(はらう)」という厄除けが、武士の間では盛んになってきたのです。

そして、武士の間では、「尚武(しょうぶ:武をたっとぶ)」の気風が強く、「菖蒲」と「尚武」をかけて、5月5日を、「尚武の節目」として、祝うようになってきたのです。

そして、幕府はこの日を重要な日として定め、大名や旗本が式服でお祝いを持って、江戸城へ出向くようになったのでした。その頃から、武家に男の子が生まれると、門前に馬印(うましるし)や、幟(のぼり)を立ててお祝いをしたそうです。

この風習が、やがて武家だけではなく裕福な庶民へ広がります。庶民は幟を立ててはいけなかったので、代わりに「こいのぼり」をあげるようになったのです。そして、庶民は「こいのぼり」だけではなく、紙の兜(かぶと)や武者人形、絵を飾るようになったのです。

端午の節句とは、男子の健やかな成長を祈願する行事

かぶと
鎧兜には男の子の体を守るという意味があります
このようなことから、端午の節句は男の子の厄除けと健康祈願、そして、たくましい成長を願うお祝いなのです。

そして、鎧兜や、五月人形、こいのぼりは、赤ちゃんに降りかかろうとする災厄や魔物を除けてくれる「守り神」なのです!