そろそろお肌の乾燥が気になりませんか?
それは、空気も乾燥してきた・・・ということですよね。
そして、空気も冷たくなってきて室温ももちろん下がってきました。

こんなとき、退院してくる新生児ちゃんはどんな部屋がいいの?
子供達が毎日を過ごすお部屋はどんな事に気をつければいいのかなぁ?ということをお話ししていきます。

まずは、新生児ちゃんを迎える部屋作り☆彡

赤ちゃんを迎えるにあたって、きっと皆さんベッドを準備されることでしょう。ベットはオススメです♪なぜかというと、床から30センチくらいまでの間はダニやほこりが飛びやすいからです。また、カーペット類もはずせるのであればはずした方がいいですね。ダニを少しでも減らし、掃除がしやすい為に。そして、ベットを置く位置として最適なのは明るく自然の光が入ってくる場所がいいですね。赤ちゃんの生活のリズムが作りやすいですよ。ただし、西日などの強い光が当たる、直射日光が当たるという場所は避けましょう。また、その周囲に背の高い家具がないこと。万が一、地震があったときなどでも安全を確保できるようにしたいですね。地震を想定した場合には、蛍光灯などの照明器具の下も避けたほうがいいです。そして、カーテンを洗濯したり、エアコンも掃除したり・・・と一足早い大掃除!くらいの気持ちで準備をするといいでしょう。
ベッドメリーなども使用される方が多いと思いますが、赤ちゃんの足元のほうにセットしてくださいね。間違えても頭の上にセットはしないようにしてください。部品が落下する、もしくは本体のネジがはずれる。。。等の危険から回避するためです。

しかし、ベットを置く位置はそうはできないわぁ~という方も多いでしょう。私自身も家の広さや他の家具との兼ね合いで、この通りにはもちろんいきませんでした。そんなときは・・・

どうしても、暗いところにしかベッドを置けないわぁ~という場合には、赤ちゃんが、目覚めているときには明るいところにちょっとした布団(座布団のような物でも十分です)を置いて、そこで過ごすようにする。もちろんクーファンなどがあったら、利用しましょう♪作られた光の中でなく、自然の光というものに触れられるような機会をつくっていきましょうね!

ベッドを置く位置はきまりましたか?

ベットは置いたけど気になるのは室温と湿度はどうなのかしら???ということ。