意外に多様性があるブックカバーの面白さ

ガイド納富は、自らオリジナルのブックカバーをプロデュースしているほどのブックカバー好きです。ちょっと良いものを見かけたら、すぐに購入してしまいますし、ブックカバー・プレゼントなどがあれば見逃しません。

基本的には、本をカバーするものなので、形態も機能もそれほど違いは無いのですが、その決まったフォーマットの中で、それぞれにアイディアを詰め込んでいたり、デザインに凝っていたり、素材にこだわったりしているのが、とても面白いのです。

図書館の本は、持ち歩く時にはカバーをかけたいし、外でマンガやライトノベルを読む時にもカバーは欠かせません。栞の紐がついてない本や、大事にしたい本などなど、ブックカバーを使い始めると、本を剥き出しで持ち歩いたり読んだりするのが出来なくなってきます。手触りの良いカバーを付けると、本そのものが持ちやすく、軽く感じられたりもします。そんな、ガイド納富のブックカバー・コレクションの一部を紹介します。もう手に入らないものや非売品もありますが、ブックカバーの多様性を感じていただけたらと思います。

三省堂書店×みつばちトートのコラボによるブックカバー

厚手のしっかりした生地は色がキレイ

裏は化繊。滑りが良く本の出し入れが楽
三省堂とセミオーダーでトートバッグを作れるみつばちトートがコラボレーション。ここ数年、夏に限定販売しているブックカバーの最初の年に購入したものです。モールスキンのようにゴムで表紙を留められるのが特徴です。

SUONOのセミオーダーできるブックカバー

本を包むようにして持ち運べる

鮮やかな裏地の柄を選べるのがポイント
iPodやデジカメ、ニンテンドーDSなどのケースを、セミオーダーで作れる、ファブリックの組合せが見事なSUONOさんが製作・販売しているブックカバー。表の色、裏地の柄などを細かく指定して、自分好みのブックカバーを発注出来ます。表のベルトを使って、全体を包む構造は、ガイド納富のアイディアです。SUONOのサイトで購入出来ます。

cyproduct齋藤義幸氏製作の作品としてのブックカバー

中の本が少し覗くデザインが面白い

長い革紐の栞を色んな形に巻き付けて使う
コインパースやペンケースなど数々の革小物の名作を発表、何度もガイド記事でも取り上げているcyproductの齋藤義幸氏が、本をテーマにした展覧会用に作成したブックカバー。ガイド納富は、本の厚さに対応出来ないブックカバーは好きではないのですが、これはもう、革を使った作品として愛用しています。長い栞と虫食いのように空いた穴がポイント。残念ながら、現在は購入出来ません。

次のページでは、ヨムパラのオリジナル、ブックパッカー、bk1オリジナルを紹介します。