万年筆の位置づけと実際

■書く楽しみが得られる万年筆
『ペリカン トラディショナルM200スケルトン』 価格10,500円(税込

『ペリカン トラディショナルM200スケルトン』 価格10,500円(税込)

万年筆というのは、普段の筆記具として使い慣れている方もいらっしゃるものの、ビジネス用途で使う機会は案外少ないものです。

例えば、仕事で使う筆記具としてはボールペンが書きやすく、楽で便利です。もっとフォーマルな場合は、毛筆なんて場合もありますね。これがヨーロッパなら、万年筆などのペン先があるインクをつけて使うペンになるのでしょう。

ただ、書く角度によって太さが変わるなど、書き方で表情がつけやすい万年筆は、毛筆ほど面倒でなく、シンプルに書く楽しみが得られる楽しい筆記具でもあります。

だからこそ、気取るのではなく、かといって安物でもなく、遊び心のある万年筆を一本持っておくと、仕事にも生活にも潤いが持てるのではと思うのです。それも利便性より、出来ればインクをインク瓶から吸い上げるタイプの、ちょっとした手間が楽しめるものが嬉しいと思うのです。

 

『Pelikan(ペリカン) M200 スケルトン』の楽しさ

■シンプルなデザインと手頃な価格、簡単なメンテナンスが魅力の万年筆
インク吸入の様子も全て見える楽しさ

インク吸入の様子も全て見える楽しさ

そんな目で見た時、凄く魅力的なモデルがペリカン社の『M200スケルトン』。デザインは万年筆の大定番『スーベレーン』シリーズの流れを汲む洗練されたもの。ボディラインのシンプルなラインがキレイで、手に持った時の重さのバランスも見事です。

1万500円(税込)という手ごろな価格は、初心者にも手を出しやすく、しかも、スケルトンのボディは気取らずカジュアルに使えます。それでいて安っぽさが無いのは、流石、伝統のクラフトマンシップを誇るペリカン社ならではでしょう。

そして、何より、ペン軸の後ろを回転させて、インクを吸い取るシステムや、逆回しでインクを瓶に戻したり、内部を洗浄したりするギミックが、全て見えるのです。インクを入れたり、メインテナンスするのが楽しみになる万年筆なのです。ペン先が外れるので、そのまま水洗い出来るなど、メインテナンスが簡単なのもペリカン社の万年筆共通の魅力です。

■本体は6色から、ペン先は細字・中字から選べる

色は、写真のダークグレーの他、ワインレッド、アンバー/くすんだ赤みのある黄色、ダークグリーン、ダークブルーの6色。インクも1色付属します。自分で買うのも良いですが、このような遊び心を満たしてくれるような道具をプレゼントされたいものです。インクをインク瓶から補充するなんて、どこか呑気な筆記具は自分では買いにくいものなのですが、プレゼントされると、「少しのんびり行きましょう」と言われているようで凄く嬉しいものなのです。

ペン先は細字か中字から選べるのですが、今回のような目的での購入なら、書き味を楽しめる中字がオススメ。しっとりとして、滑らかな書き心地と大きな字を書く面白さが堪能出来ます。

 

機能と遊び心を併せ持つ『cyproduct ペンケース紐』

よい筆記具を持つと、それを持ち歩くためのペンケースも必要になります。しかし、このペンケースというのもクセモノで、「コレ」という決定版的なものは、中々見つかりません。というか、多分、ペンケースは用途にあわせて複数使い分けるもので、一つで全てを賄うものではないのでしょう。そのあたりが、子供の頃の筆箱とは違う所なのでしょう。

■書くこと自体を楽しめるペンケース

『cyproduct ペンケース紐』3,675円(税込)

『cyproduct ペンケース紐』3,675円(税込)

今回、紹介するのは、オフの時に持ち歩いて、書く行為そのものを楽しみたい時に使いたい筆記具を入れておくと良い感じではないか、というペンケースです。つまり、前述のペリカン社『M200・スケルトン』などを入れるのに最適なケースです。

このペンケースは、cyproductの斉藤義幸氏がデザイン・製作したもので、前に、ガイド記事で紹介した『Glass Case』5,460円 の姉妹品でもあります。『Glass Case』同様、スナップボタンやファスナー、蝶番などの金属部品を一切使わず、革紐をくるくると巻き付けて留めるスタイル。この、どこかのんびりとした仕様が、書く楽しみを増幅してくれる気がするのです。

また、研ぎ立ての鉛筆では長過ぎて入らないという、ちょっと短めのペン用の長さと、入って4本までという薄さのサイズバランスが抜群。ちょっとアンティークを思わせる古風なムードさえ漂います。キップスキンの手触りがまた良いです。色は、写真の黒の他、茶色があります。
 

コストパフォーマンス最高の『Lamy Tipo』

■万年筆と一緒に持ち歩きたいボールペン
『Lamy Tipo』1,575円

『Lamy Tipo』1,575円

『M200 スケルトン』のような遊び心を中心にした万年筆と一緒に持ち歩くのに向いたボールペンを考えてみました。ボールペンは構造的には万年筆ほど遊びを入れにくいものです。まあ、フローティングペンのような『オモチャ+ボールペン』のタイプもあるのですが、それはまた別の機会に紹介させていただくことにします。ここでは、デザインに遊びがあり性能も凄く高いのに、価格は1575円(税込)と安い、『Lamy Tipoを選んでみました。

このペンは、ガイド納富が最高の取材用ペンだと思って日々愛用している、Lamyの傑作『Swift7350円 と同じ、『LM66ローラーボール』683円 というリフィルが使われているのです。だから、書き味は『Swift』と同じ。書き始めにかすれることが無く、軽い筆圧でしっかりした文字が書ける優れ物なのです。

【関連記事】
取材に最適なLAMY『スウィフト ローラーボール』プロの現場で使えるボールペン

■一工夫あるデザインや豊富なカラーバリエーションが魅力のボールペン

機能だけではなく、飛び出したクリップ部分をノックすると筆記部分が現れる特徴的なデザインや、写真のブルーの他、シルバーやレッドなどのカラーバリエーションが楽しめるポップなムードは、そのへんのボールペンには無いカッコ良さです。また、135mm、20gという軽さも魅力です。

形の奇抜さの割に、実は徹底して実用的というアンビバレンツが楽しいボールペンなのです。オーソドックスなスタイルの中に遊び心を詰め込んだ『M200 スケルトン』と好対照をなすボールペンだと思うのです。


ガイド納富のこだわりチェック

■ギフトにもおすすめ 手間を楽しめる筆記用具
万年筆『M200 スケルトン』、ボールペン『Tipo』、『cyproduct ペンケース紐』

万年筆『M200 スケルトン』、ボールペン『Tipo』、『cyproduct ペンケース紐』

今回紹介した、万年筆『M200 スケルトン』とボールペン『Tipo』を、『cyproduct ペンケース紐』に入れる、このセットは、ガイド納富の自信作でもあり、ギフトセットにも最適だと思っています。金額も全部あわせて、15750円(税込)とリーズナブル。オフの外出時や旅行などに連れて行って、書くことそのものを楽しめる、そんなセットです。

手帳に、思いついた言葉をメモするにしても、万年筆で書くと、また違った感じになるものです。何というか、少なくとも殴り書きや走り書きが減るのです。ほんのちょっと、いつもより丁寧に書かないと、インクがきちんと出てくれません。インクが切れると書けなくなります。ケースも、紐をくるくる巻かないと、ペンを出せません。

でも、それが楽しいのです。そんな作業の積み重ねが、心に余裕を作ってくれるようです。例えば、プレゼントにしても、凄く効率的に書ける筆記具をもらうと「働けー」と言われてるような気がして、何だか疲れてしまう事もあります。ガイド納富としては、ビジネスツールではない筆記具、というのは、「休もう」と言われたような気がする良いプレゼントだなと思うのです。


【関連リンク】
ペリカン「M200スケルトン」のご購入はペンサイトで
cyproduct「ペンケース紐」のご購入はアシストオンで
Lamy「Tipo」の情報とご購入は信頼文具輔で


【関連記事】  
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。